miniken.com

** イソフラボン *** *
         
実は、女性ホルモンのエストロゲン様作用を持つ物質とされているフ
ィトエストロゲン(植物由来エストロゲン)は、アグリコン型イソフラ
ボンです。

アグリコン型は、分子量が小さくすばやく効率的に吸収される性質が
あります。

一方、普段私たちが食べている 豆腐、納豆、煮豆などに含まれている
のは、グリコシド型イソフラボンと呼ばれるものです。

分子量が大きく、その存在には個人差がある腸内細菌の酵素によって
分解され吸収されますためアグリコン型に比べ吸収性は劣ります。
一日に必要なイソフラボンの摂取量は40r程度で、およそ味噌汁15杯
に相当します。

効率的にイソフラボンを摂取するには、アグリコン型イソフラボンが含
まれているサプリメントが効果的です。
  

成分とそのはたらき

大豆には、タンパク質、イソフラボン、サポニン、および植物ステロールが含まれています。

大豆たんぱくは、動物性タンパク質にも匹敵する栄養素を含む植物性タンパクです。必須アミノ酸も含み、脂肪分は少な
く、コレステロールを含んでいません。

欧米では、日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の発生率の低さの秘密には、日本人が大豆イソフラボ
ンをよく食べているからではないかと考えています。

1991年国費予算で米国立がん研究所(NCI)が、大豆イソフラボンの抗がん効果研究に着手した後、世界各国でイソフラ
ボンの研究が盛んになりました。
大豆イソフラボンには、ゲニステイン、ダイゼインなと゜とフィト(植物性)エストロゲンが豊富です。
40代女性には、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌不足で、のぼせ、ほてり、発汗、動悸などの更年期障害が起こるこ
とがあります。
フィトエストロゲンは、女性ホルモン(エストロゲン)様作用をして、これらの症状を和らげます。

更年期障害には個人差があり、のぼせ、ほてり、発汗、動悸、めまい、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶
力・判断力低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感などいろいろな症状がでます。

閉経後の女性は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌不足が急激に起こります。

女性ホルモンは骨からカルシウムの流出を防ぐ働きがあり、女性ホルモンの分泌不足により急激に骨量が減少することに
繋がり、骨粗鬆症が発症しやすい状況になるのです。

フィトエストロゲンは、女性ホルモンに似た作用で骨からカルシウムが流出することを防ぎ、骨粗鬆症予防や改善効果が
あるといわれています。

動物実験で卵巣を摘出した雌のラットに大豆イソフラボンを長期投与すると、骨密度と骨の強度が向上することが確認さ
れています。

しかし、残念ながら人間で大豆イソフラボンを長期間摂取して骨粗鬆症に対する効果を確かめた臨床報告はありません。

イソフラボンは、エストロゲンが不足している時(更年期、生理不順、骨粗鬆症、前立腺ガンなどが起こりやすい)には
それを補い、エストロゲンが過剰な時(乳ガン、子宮ガンなどが起こりやすい)はその働きを抑えます。

つまりイソフラボンは女性ホルモン不足を補ない、ホルモン分泌過剰を抑えますから、女性ホルモン過剰による乳がんを
予防します。

乳がんと同じようにホルモン依存型である前立腺がん、子宮がんに対しても、イソフラボンは有効だと考えられています。
イソフラボンは血液中の善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールを増やすことで悪玉コレステロールを減らす
作用があります。
この働きはコレステロールを下げて動脈硬化を予防することにつながります。

大豆イソフラボンの効力は、本物の女性ホルモンのエストロゲンの1000分の1程度で、作用は穏やか、 適量であれば副作
用の心配はないといわれています。
  

大豆イソフラボンの研究と臨床試験報告

大豆の中に含まれるイソフラボン、主にゲニステインとダイゼインの抗酸化作用やフィトエストロゲンの働きが注目され
て研究されてきました。*1
大豆イソフラボン中のゲニステインが、がんに栄養を補給して成長させる新脈管の形成、成長を抑えるという報告があり
ます。*2

また、大豆イソフラボンには、男性ホルモンであるテストステロン(TS)を前立腺や毛包などに存在し、前立腺肥大や男
性型脱毛症の直接の原因となるジヒドロ・テストステロン(DHT)に変換する5α-リダクターゼという還元酵素のはたら
きを抑制することが明らかになりました。*3

55α-リダクターゼという還元酵素のはたらきを抑制することから前立腺拡大と男性型脱毛症への有効治療が期待できます。
大豆イソフラボンは、ホルモン依存性の乳がんや前立腺がん癌のリスクを減少させるかもしれません。
26件の動物実験で、約65%の例で大豆イソフラボンのがん抑制効果が確認されています。*4

人体実験でも大豆イソフラボンの有効な作用が確認されています。*5,*6

しかし、人での臨床試験は行われていませんので、最終的な結論をだすまでには至っていません。*7
38件の研究報告を分析すると、89%の研究例でコレステロール値を下げる効果が報告されています。
また1/2カップの大豆を食べることで平均23mgコレステロール値が減少しています。*8

大豆がどの位コレステロール値を下げるかには議論の余地がありますが*9、それでもイソフラボンが有効な成分であるこ
とには間違いなさそうです。*10

女性ホルモンであるエストロゲンのように副作用の心配のない大豆イソフラボンの植物性エストロゲンは中年女性の更年
期障害を軽減します。
1日あたり大豆たんぱく60gを12週間摂取する二重盲検試験で、ほてり患者数の変化を集計したところ偽薬グループで
30%減、大豆たんぱくグループで45%減という結果が得られました。*11

さらに大豆イソフラボンは、閉経前の女性のホルモンレベルを整える働きが確認されています。*12
動物研究では、大豆イソフラボンが骨粗鬆症予防に有効であることが確認されています。*13

閉経後の女性を対象にした二重盲検試験では、1日あたり90mgのイソフラボンを含む40gの大豆たんぱく粉を摂取すると
背骨の中からカルシウムの流出が抑制されることが確認されました。*14

このように大豆イソフラボンには、骨粗鬆症の予防効果が予想されますが、現状は人での長期間摂取効果についての臨床
報告はありません。
  

大豆イソフラボンの健康項目
等 級 健 康 項 目
第1級    更年期障害、高コレステロール
第2級    高血圧、骨粗しょう症
その他    腟炎
第級1第 1級 : 信頼性の高い臨床試験による検証データがあり非常に効果が高いもの
第級1第 2級 : 試験管あるいは動物実験で効果があるとされているもの
第級1
第 2級 : あるいは効果があるとされているもの
第級1その他  : 主にハーブを使用した民間療法に使用されているもの
第級1
第 2級 : 臨床試験による検証データがあり効果があるとされているもの 

アグリコン型イソフラボン

豆腐1丁で植物性エストロゲンの最大0.05rの効果が期待できそうですが、実際は吸収率の問題でさらにその10分の1以
下になるいわれてます。
植物中のイソフラボンは、ほとんどが糖と結合した配糖体で存在し、このタイプのイソフラボンをグリコシド型といいま
す。

一方糖と結合していないタイプのイソフラボンをアグリコン型といいます。
アグリコン型のイソフラボンは、植物に含まれる量は微量です。

豆腐、納豆、煮豆などに含まれるのはグリコシド型イソフラボンです。
グリコシド型イソフラボンは分子量が大きいために腸内細菌の酵素で分解され吸収されるむため
腸内細菌の多い、少ないには個人差があるためイグリコシド型イソフラボンによる効果には個人差がでます。

一方アグリコン型イソフラボンは大豆食品の中で唯一味噌に含まれます。
実はエストロゲン様作用を持つ物質とされているのはこのアグリコン型イソフラボンです。
分子量が小さくより早く効率的に吸収されます。

1日に必要なイソフラボンの摂取量は40r程度です。( およそ味噌汁15杯に相当 )
効率的にイソフラボンを摂取するのであればアグリコン型イソフラボンが含むサプリメントが有利です。
1日にイソフラボンを5〜10gなど過剰摂取は副作用のリスクもあり適量に摂取するようにしてください。

妊娠中や生理中はエストロゲンの分泌量が多くなっているため控えた方が良さそうです。

参考資料

*1. Wei H, Bowen R, Cai Q, et al. Antioxidant and antipromotional effects of the soybean isoflavone genistein. Proc Soc ExpBiolMed
1995;208:124-9.

*2. Fotsis T, Pepper M, Adlercreutz H, et al. Genistein, a dietary-derived inhibitor of in vitro angiogenesis. Proc Natl Acad Sci
1993;90:2690-4.

*3. Evans BA, Griffiths K, Morton MS. Inhibition of 5 alpha-reductase in genital skin fibroblasts and prostate tissue by dietary lignans
and isoflavonoids. J Endocrinol 1995;147:295-302.

*4. Messina MJ, Persky V, Setchell KD, Barnes S. Soy intake and cancer risk: a review of the in vitro and in vivo data. Nutr Cancer
1994;21:113-31.

*5. Adlercreutz H, Markkanen H, Watanabe S. Plasma concentrations of phyto-oestrogens in Japanese men. Lancet
1993;342:1209-10.

*6. Lee HP, Gourley L, Duffy SW, et al. Dietary effects on breast-cancer risk in Singapore. Lancet 1991;337:1197-200.

*7. Messina MJ. Legumes and soybeans: overview of their nutritional profiles and health effects. Am J Clin Nutr 1999;70:439S-50S.

*8. Anderson JW, Johnstone BM, Cook-Newell ME. Meta-analysis of the effects of soy protein intake on serum lipids. N Engl JMed
1995;333:276-82.

*9. Potter SM. Overview of proposed mechanisms for the hypocholesterolemic effect of soy. J Nutr 1995;125:6065?115.

*10. Crouse JR 3rd, Morgan T, Terry JG, et al. A randomized trial comparing the effect of casein with that of soy protein containing
varying amounts of isoflavones on plasma concentrations of lipids and lipoproteins. Arch Intern Med 1999;159:2070-6.

*11. Albertazzi P, Pansini F, Bonaccorsi G, et al. The effect of dietary soy supplementation on hot flushes. Obstet Gynecol
1998;91:6-11.

*12. Cassidy A, Bingham S, Setchell KDR. Biological effects of a diet of soy protein rich isoflavones on the menstrual cycle
of premenopausal women. Am J Clin Nutr 1994;60:333-40.

*13. Anderson JJB, Ambrose WW, Garner SC. Biphasic effects of genistein on bone tissue in the ovariectomized, lactating rat model
(44243). Proc Soc Exp Biol Med 1998;217:345-50.

*14. Potter SM, Baum JA, Teng H, et al. Soy protein and isoflavones: Their effects on blood lipids and bone density in postmenopausal
women. Am J Clin Nutr 1998;68(suppl):1375S-79S.






xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx