miniken.com

 
** セレン **

( セレニウム )
セレンは、血管、肌など組織、細胞の弾性維持、若さ維持に必要な必須ミネラルです。抗酸化作用、抗炎症作用、抗ガン作用があります。*1. *2
動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病などの血管疾患、肌のたるみ、白内障、関節炎予防、免疫力アップ、アンチエイジング効果があります。
セレンは体内で抗ガン酵素を増やしてガン細胞の発生と成長を抑えるはたらきがあるといわれています。
アメリカの大学での長期間の調査では、大腸ガン、肺ガン、前立腺ガンなどの発生率を下げるという統計報告もされています。
セレンには、自己免疫抑制作用があり、セレンサプリメントの摂取で、体内で合成されるセレン含有タンパク質は、セレン不足が原因となる自己免疫性の肝炎、糖尿病などを予防し、C型肝炎とアルコール性肝炎の症状改善にも期待されています。
セレン 200mcg
100カプセル

概 要
各種のミネラルの中で唯一セレンは、DNAコードをもつ物質です。
そのDNAの遺伝子情報は、体内で自身がタンパク質と結合するように仕組まれていて、他の物質の介在なしでタンパク質と結合し、セレン含有タンパク質になります。

セレン含有タンパク質は、他の抗酸化物質などのように細胞膜のDNAとタンパク質を傷つけ病気を発症させたり、老化を進行させるフリーラジカル(遊離基)のダメージを防ぐ働きをします。

科学者たちはこのセレンのDNAコードをもつ基本特性は地球上の全ての生物の生命維持、存続に寄与したと説明します。
*3
セレンはにんにく、ブラジルナッツ、野菜などから摂取できるといわれてきました。しかし世界的に酸性雨などの影響によって土壌の酸性化が進行していて、最近の土壌にはセレンも含めミネラル分が少なくそこに育つ植物にもミネラル分が少なくなっています。*4

また科学者たちは、土壌中に人のセレン吸収を妨げる物質が増えていると指摘しています。*5
以上の理由から確実にセレンを補うためには信頼が高く、成分の安定したセレンサプリメントがお薦めです。*6

土壌のセレン減少、体内のセレン不足は生命の危機、いろいろな病気の原因となっています。
世界的にみると中国、ロシア、アメリカなどの土壌にはセレンが乏しく、住民にガン、心血管疾患、感染性、炎症性などの病気が増加していることがわかっています。*1, *7, *8, *9

幸い体内のセレン不足の改善には、セレンを補給すれば解決できます。*10. *11, *12, *13

セレンの抗酸化作用
現在多くの病気が遊離基のダメージで起こることがわかっています。
遊離基は、ほぼ活性酵素と窒素化合物で構成され、体の防御機能が低下した時に細胞膜を傷つけ始めます。
これらの活性酵素は、常に体の代謝で発生していて体内の抗酸化物質が不足している状態では細胞膜に破壊的なダメージを与えることになります。

活性酵素は、細胞のタンパク質構造を破壊し、細胞のDNAの遺伝子情報を傷つけ混乱させます。活性酵素による細胞のダメージの状態に応じて防御するサイトカインと呼ばれる指令情報をもつたんぱく質が細胞から放出され未然にダメージを防ぎます。

例えば活性酸素が炎症を発生させると、白血球がサイトカインを放出し、そのサイトカインの指令でリンパ球が血管壁を透過して炎症部に移動し炎症を抑えます。

このサイトカインの放出調節は,大部分がNFkBと呼ぱれる転写因子によって行われていますが、NFkBが多すぎるとサイトカインが過剰産生されその過剰な状態が感染症や炎症、ガンを発生させる原因になります。*14

NFkBとNFkBの合成物質は、酸化ダメージやストレス、炎症を引き起こし、アテローム性動脈硬化や心筋梗塞の発症原因になることがわかっています。*15

セレンは、活性酸素が細胞膜を傷つける前に中和したり、細胞膜の中で活性酸素の活動を抑えます。*16
現在、その働きがガン発生を予防したり、進行を抑えるといわれています。*17

セレンは、血液循環の悪化、貧血などで心筋の機能が低下するのを防ぐことが明らかにされています。*18

重度の感染症では、細胞内に活性酸素が過剰な状態になっています。
このときセレンは、抗酸化酵素グルタチオンの働きを活性して細胞膜を守ります。*19

更にセレンは、サイトカインを過剰産生させるNFkBの起動を抑えます。
これを裏付ける研究で、セレンが不足するとサイトカインの過剰放出が起こることが確認されています。*20

他の研究では、セレンがNFkBの活動を抑えることで、糖尿病などの血管系の病気が発症する原因になる血管細胞膜の破壊を防ぐ働きが確認されています。21

これらのの研究成果からセレンが加齢による酸化ストレスの累積で起こる病気を予防することは明らかです。*22

3ヶ月間にわたり関節炎の患者にセレンと偽薬を与えて結果を比較した二重盲験試験で、セレングループで、関節の腫れ、膝の動きの改善がみられ、抗炎症薬などの投与量が減少したり、炎症の程度を示す指標も下がりました。試験中特に副作用はみられませんでした。*23

また高い抗体血清濃度の状態の自己免疫性甲状腺炎の患者に行われた二重盲験試験の結果でも好結果が得られています。
*24
試験は、1日3回48人の患者にセレンを、40人の患者に偽薬を与えて結果を比較する方法で行われました。

偽薬グループに比べセレングループでは、明らかに抗体血清濃度が下がりました。
これらは、甲状腺への免疫攻撃をセレンが抑える働きをしている証拠でしょう。*25

その他セレン単独あるいは抗酸化剤とセレンの混合物質を用いた試験でもセレンによる自己免疫抑制作用が確認されています。*26, *27, *28

そして自己免疫性肝炎、糖尿病などの自己免疫症による疾患は、体内のセレン不足が原因です。*:29, *30, *31, *32

セレンサプリメントの実験で、セレン含有タンパク質の働きによると考えられるC型肝炎とアルコール性肝炎の症状改善が報告されています。*33, *34

セレンのの健康項目
等 級 健 康 項 目
第2級 うつ病、エイズ(HIV)、前立腺ガンの予防、直腸ガンの予防、肺ガンの予防、甲状腺炎、フェニルケトン尿症、不妊(男性原因)、心筋梗塞、すい臓機能不全、喘息、動脈硬化、疱疹、未熟児感染症、免疫力(高齢者)、リウマチ様関節炎、リンパ水腫
その他 黄斑変性、オズグッド・シュラッター病(骨端症)、肝炎、肝硬変、甲状腺不全、不整脈、歯周病の口臭、小児病、術後の回復、心筋障害、ダウン症、糖尿病性網膜症( ビタミンA, C、E混合)、パップスメア検査異常(子宮ガン検査異常)、網膜障害( ビタミンA, C、E混合)

第1級 : 信頼性の高い、科学的に一貫した検証(臨床試験)データがある効果が高いもの
第2級 : データが少なく一貫性がない、または小人数試験データしかないが効果があるもの
その他
a: 主にハーブで民間療法に使用されるもの、あるいは科学的論評があるサプリメント


参考資料
*1. Chu FF, Esworthy RS, Doroshow JH. Role of Se-dependent glutathione peroxidases in gastrointestinal inflammation and cancer.
Free Radic Biol Med. 2004 Jun 15;36(12):1481-95.

*2. El-Bayoumy K, Sinha R, Pinto JT, Rivlin RS. Cancer chemoprevention by garlic and garlic-containing sulfur and selenium
compounds. J Nutr. 2006 Mar;136(3 Suppl):864S-9S.

*3. Gromer S, Eubel JK, Lee BL, Jacob J. Human selenoproteins at a glance. Cell Mol Life Sci. 2005 Nov;62(21):2414-37.

*4. Dodig S, Cepelak I. The facts and controversies about selenium. Acta Pharm. 2004 Dec;54(4):261-76.

*5. Finley JW. Bioavailability of selenium from foods. Nutr Rev. 2006 Mar;64(3):146-51.

*6. Xia Y, Hill KE, Byrne DW, Xu J, Burk RF. Effectiveness of selenium supplements in a low-selenium area of China. Am JClin Nutr.
2005 Apr;81(4):829-34.

*7. Knekt P, Marniemi J, Teppo L, Heliovaara M, Aromaa A. Is low selenium status a risk factor for lung cancer? Am JEpidemiol. 1998
Nov 15;148(10):975-82.

*8. Patterson BH, Levander OA. Naturally occurring selenium compounds in cancer chemoprevention trials: a workshop summary.
Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 1997 Jan;6(1):63-9.

*9. Russo MW, Murray SC, Wurzelmann JI, Woosley JT, Sandler RS. Plasma selenium levels and the risk of colorectal adenomas. Nutr
Cancer. 1997;28(2):125-9.

*10. Burguera JL, Burguera M, Gallignani M, Alarcon OM, Burguera JA. Blood serum selenium in the province of Merida,Venezuela,
related to sex, cancer incidence and soil selenium content. J Trace Elem Electrolytes Health Dis. 1990
Jun;4(2):73-7.

*11. Fleet JC. Dietary selenium repletion may reduce cancer incidence in people at high risk who live in areas with low soil selenium
. Nutr Rev. 1997 Jul;55(7):277-9.

*12. Jackson MJ, Dillon SA, Broome CS, et al. Are there functional consequences of a reduction in selenium intake in UK subjects?
Proc Nutr Soc. 2004 Nov;63(4):513-7.

*13. Young KJ, Lee PN. Intervention studies on cancer. Eur J Cancer Prev. 1999 Apr;8(2):91-103.

*14. Andriamanalijaona R, Kypriotou M, Bauge C, et al. Comparative effects of 2 antioxidants, selenomethionine and
epigallocatechin-gallate, on catabolic and anabolic gene expression of articular chondrocytes. J Rheumatol. 2005
Oct;32(10):1958-67.

*15. Black PH. The inflammatory consequences of psychologic stress: Relationship to insulin resistance, obesity, atherosclerosis and
diabetes mellitus, type II. Med Hypotheses. 2006;67(4):879-91.

*16. Lu J, Jiang C. Selenium and cancer chemoprevention: hypotheses integrating the actions of selenoproteins and selenium
metabolites in epithelial and non-epithelial target cells. Antioxid Redox Signal. 2005 Nov;7(11-12):1715-27.

*17. Abdulah R, Miyazaki K, Nakazawa M, Koyama H. Chemical forms of selenium for cancer prevention. J Trace Elem Med
Biol. 2005;19(2-3):141-50.

*18. Turan B, Saini HK, Zhang M, et al. Selenium improves cardiac function by attenuating the activation of NF-kappaB due to
ischemia-reperfusion injury. Antioxid Redox Signal. 2005 Sep;7(9-10):1388-97.

*19. Gartner R, Angstwurm M. Significance of selenium in intensive care medicine. Clinical studies of patients with SIRS/sepsis
syndrome. Med Klin (Munich). 1999 Oct 15;94 Suppl 3:54-7.

*20. Maehira F, Miyagi I, Eguchi Y. Selenium regulates transcription factor NF-kappaB activation during the acute phase reaction.
Clin Chim Acta. 2003 Aug;334(1-2):163-71.

*21. Faure P, Ramon O, Favier A, Halimi S. Selenium supplementation decreases nuclear factor-kappa B activity in peripheral
blood mononuclear cells from type 2 diabetic patients. Eur J Clin Invest. 2004 Jul;34(7):475-81.

*22. Ryan-Harshman M, Aldoori W. The relevance of selenium to immunity, cancer, and infectious/inflammatory diseases. Can
J Diet Pract Res. 2005;66(2):98-102.

*23. Heinle K, Adam A, Gradl M, Wiseman M, Adam O. Selenium concentration in erythrocytes of patients with rheumatoid arthritis
. Clinical and laboratory chemistry infection markers during administration of selenium. Med Klin (Munich). 1997 Sep
15;92 Suppl 3:29-31.

*24. Bacic-Vrca V, Skreb F, Cepelak I, et al. The effect of antioxidant supplementation on superoxide dismutase activity, Cu and Zn
levels, and total antioxidant status in erythrocytes of patients with Graves’ disease. Clin Chem Lab Med.
2005;43(4):383-8.

*25. Turker O, Kumanlioglu K, Karapolat I, Dogan I. Selenium treatment in autoimmune thyroiditis: 9-month follow-up with variable
doses. J Endocrinol. 2006 Jul;190(1):151-6.

*26. Duntas LH, Mantzou E, Koutras DA. Effects of a six month treatment with selenomethionine in patients with autoimmune
thyroiditis. Eur J Endocrinol. 2003 Apr;148(4):389-93.

*27. Gartner R, Gasnier BC. Selenium in the treatment of autoimmune thyroiditis. Biofactors. 2003;19(3-4):165-70.

*28. Vrca VB, Skreb F, Cepelak I, Romic Z, Mayer L. Supplementation with antioxidants in the treatment of Graves’ disease;the
effect on glutathione peroxidase activity and concentration of selenium. Clin Chim Acta. 2004 Mar;341(1-2):55-63.

*29. Czuczejko J, Halota W, Zachara BA, Staubach-Topczewska E. Plasma selenium concentration, glutathione peroxidase and
glutathione S-transferase activities in patients with chronic liver diseases. Pol Merkuriusz Lek. 2002 Oct;13(76):312-5.

*30. Czuczejko J, Zachara BA, Staubach-Topczewska E, Halota W, Kedziora J. Selenium, glutathione and glutathione peroxidases in
blood of patients with chronic liver diseases. Acta Biochim Pol. 2003;50(4):1147-54.

*31. Pemberton PW, Aboutwerat A, Smith A, et al. Oxidant stress in type I autoimmune hepatitis: the link between
necroinflammation and fibrogenesis? Biochim Biophys Acta. 2004 Aug 4;1689(3):182-9.

*32. Beckett GJ, Arthur JR. Selenium and endocrine systems. J Endocrinol. 2005 Mar;184(3):455-65.

*33. Wenzel G, Kuklinski B, Ruhlmann C, Ehrhardt D. Alcohol-induced toxic hepatitis?a “free radical” associated disease.Lowering
fatality by adjuvant antioxidant therapy. Z Gesamte Inn Med. 1993 Oct;48(10):490-6.

*34. Yu SY, Li WG, Zhu YJ, Yu WP, Hou C. Chemoprevention trial of human hepatitis with selenium supplementation in China.Biol
Trace Elem Res. 1989 Apr;20(1-2):15-22.








xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx