** ローズマリーリーフ **

ローズマリーカプセル

ローズマリーチンキ
  
         
- 1 -

記憶力・集中力
感染症

学名 :Rosemarinus officinalis
分類 : シソ科
和名 : マンネンロウ

地中海沿岸が原産地の香りの良い背の低い常緑草です。葉の部分がティーやサプリメントに使用されています。

伝統的に脳の働きを活性し記憶力や集中力を高めたり、美容効果がありローズマリーリーフティーは”若返りのティー”と呼ばれています。


血行促進、リンパ循環、新陳代謝を高め、動脈硬化を予防、抗菌作用による感染症予防、消化促進、リウマチ(関節炎)に効果があるといわれます。

- 2 -
★ローズマリーの健康項目

その他 :

アテローム性動脈硬化症、
慢性モニリア症、消化不良、
感染症、リウマチ(関節炎)



★等級評価内容
主にハーブを使用した民間療法に使用されているもの
臨床試験による検証データがあり効果があるとされているもの      
- 3 -
★ローズマリーの有効成分

試験管試験で確認されているローズマリーリーフの有効成分についてはいろいろな報告があります。

ローズマリーの精油の含むユーカリプトール( シネオール ) には、強力な抗菌作用があるといわれています。*4

ロスマリニック( Rosmarinic ) 酸には、強力な抗酸化作用があります。*5,6

またカルノソールと呼ばれる成分には、動物試験でガン組織の成長を抑制するはたらきが確認されています。*7    
- 4 -
★接摂方法

ドイツのE委員会は1日あたりローズマリーリーフ小さじ3/4杯〜1杯と1/4 (4〜6g)を摂ることを推奨しています。*8

ローズマリーリーフ小さじ1/4杯 (1g)に1カップ(250ml)の熱湯を注いでから蓋をして4〜7分間待ってお飲みください。

( 濃い目がお好みならローズマリーリーフ小さじ2杯(10g)に1カップ(250ml)の熱湯を注いでから蓋をして10〜15分間待ってお飲みください。)

ローズマリーチンキの場合は、小さじ1/2〜1杯( 2〜5ml ) を1日3回に分けてお飲みください。
濃縮精油を飲用に使用しないようにしてください。
- 5 -
★安全性

授乳中のローズマリーの適量飲用でトラブルが起こった事例は一件もありません。
しかし、妊娠中の飲用はしないでください。*9

ローズマリーエキスには、健康な女性が食事で摂る植物中の鉄分( 非ヘム鉄 ) の体内吸収を15パーセント程度阻害するといわれています。*10

極端に飲み過ぎないようにした方がいいかも知れません。
現時点で、ローズマリーと医薬品との相互作用の報告はありません。
- 6 -
★参考資料

*1. Wagner H, Horhammer L, Munster R. The chemistry of silymarin (silybin), the active principle of the fruits of Silybum marianum (L.) Gaertn. Arzneim-Forsch Drug Res 1968;18:688-96.

*2. Hikino H, Kiso Y, Wagner H, Fiebig M. Antihepatotoxic actions of flavonolignans from Silybum marianum fruits. Planta Medica 1984;50:248-50.

*3. Faulstich H, Jahn W, Wieland T. Silibinin inhibition of amatoxin uptake in the perfused rat liver. Arzneim-Forsch Drug Res 1980;30:452-4.

*4. Tuchweber B, Sieck R, Trost W. Prevention by silibinin of phalloidin induced hepatotoxicity. Toxicol Appl Pharmacol 1979;51:265-75.

*5. Feher J, Lang I, Deak G, et al. Free radicals in tissue damage in liver diseases and therapeutic approach. Tokai J Exp Clin Med 1986;11:121-34.
- 7 -


*6. Sonnenbichler J, Zetl I. Stimulating influence of a flavonolignan derivative on proliferation, RNA synthesis and protein synthesis in liver cells. In Assessment and Management of Hepatobiliary Disease, ed. L Okolicsanyi, G Csomos, G Crepaldi. Berlin: Springer-Verlag, 1987, 265-72.

*7. Schuppan D, Str?sser W, Burkard G, Walosek G. Legalon? lessens fibrosing activity in patients with chronic liver diseases. Zeits Allgemeinmed 1998;74:577-84.

*8. Salmi HA, Sama S. Effect of silymarin on chemical, functional and morphological alterations of the liver. Scand J Gastroenterol 1982;17:517-21.

*9. Leng-Peschlow E. Alcohol-related liver diseases-use of Legalon?. Z Klin Med 1994;2:22-7.
- 8 -


*10. Ferenci P, Dragosics B, Dittrich H, et al. Randomized controlled trial of silymarin treatment in patients with cirrhosis of the liver. J Hepatol 1989;9:105-13.

*11. Velussi M, Cernogoi AM, De Monte A, et al. Long-term (12 months) treatment with an antioxidant drug (silymarin) is effective on hyperinsulinemia, exogenous insulin need and malondialdehyde levels in cirrhotic diabetic patients. J Hepatology 1997;26:871-9

>*12. Pares A, Plancs R, Torres M, et al. Effects of silymarin in alcoholic patients with cirrhosis of the liver: results of a controlled, double-blind, randomized and multicenter trial. J Hepatol 1998;28:615-21.

*13. Nassuato G, Iemmolo RM, Strazzabosco M, et al. Effect of silibinin on biliary lipid composition. Experimental and clinical study. J Hepatol 1991;12:290-5.
- 9 -


*14. Palasciano G, Portinascasa P, Palmieri V, et al. The effect of silymarin on plasma levels of malondialdehyde in patients receiving long-term treatment with psychotropic drugs. Curr Ther Res 1994;S5:S37-45.

*15. Allain H, Sch?ck S, Lebreton S, et al. Aminotransferase levels and silymarin in de novo tacrine-treated patients with Alzheimer's disease. Dementia Geriatr Cogn Disorders 1999;10:181-5.

*16. Brown DJ. Herbal Prescriptions for Better Health. Rocklin, CA: Prima Publishing, 1996, 151-8.

*17. Reyes H. The spectrum of liver and gastrointestinal disease seen in cholestasis of pregnancy. Gastroert Clin N Am 1992;21:905-21.
*18. Adverse Drug Reactions Advisory Committee. An adverse reaction to the herbal medication milk thistle (Silybum marianum). MJA 1999;170:218-9.