miniken.com

   ** レッドイーストライス ***
紅 麹*
レッドイーストライスは、コレステロール合成阻害酵素として肝臓内
の酵素の働きを阻害、コレステロールの合成を抑制します。

モナコリンKを始めとして10種類の異なったモナコリン成分を含む
レッドイーストライス組成物として、米国で特許出願されています。

コレステロールは、約3割が食事から吸収され、体内で約7割が合成
されています。コレステロールが増えすぎると、動脈硬化が進行し脳
梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなるといわれています。
レッドイースト
600mg
120べジカプセル
レッドイースト
HPF, コレステン
120カプセル
  

レッドイーストライス

レッドイーストライス(紅麹)は、中国原産のこうじ米です。*1
昔から中国、台湾の「紅露酒」「紅酒」「紹興酒」、沖縄の「豆腐よう」などをつくる時のこうじとして使用されてきま
した。

日本で味噌・醤油・清酒をつくるときに使用される黄こうじも紅こうじの仲間です。
乾燥させ粉末状にしたレッドイーストライスは、現在では米国で医療用にも使用されています。

米国で「 モナコリンKを始めとした10種類の異なったモナコリン成分を含むレッドイーストライスの組成物 」 として
特許出願されており、過去には特許権侵害訴訟などの裁判抗争がありましたが、特許「 モナコリンKを始めとした10種
類の異なったモナコリン成分を含むレッドイーストライス組成物 」 、商品名 「 コレステン 」 側の完全勝訴となる経緯
がありました。

これら一連の裁判抗争は、CNN等でニュース放送されました。
当時、高コレステロール ・ 高脂血症などの脂質異常の治療に使用される認可医薬品 「 ロバスタイン 」 が20〜40 mgと
多量摂取が必要なのに、 「 コレステン 」 は、5mgの摂取ですむことと副作用が少ないなど優れた効果が知られ、全米で
評判になりました。

以上の経緯から、米国では特許 「 コレステン 」 成分と異なった組成物のレッドイーストライス製品も販売されています
が、効果を含め「 コレステン 」成分を含む製品に人気があります。
  

レッドイーストライスの健康項目
等 級 健 康 項 目
第1級   高コレステロール
第2級   心臓発作、高トリグリセリド
臨1床第 1級 : 信頼性の高い臨床試験による検証データがあり非常に効果が高いもの
臨1床第 2級 : 試験管あるいは動物実験で効果があるとされているもの
臨1床第 2級 : あるいは効果があるとされているもの
臨1床その他  : 主にハーブを使用した民間療法に使用されているもの
臨床1第 2級 : 臨床試験による検証データがあり効果があるとされているもの 
  

伝統療法

レッドイーストライスは、中国で西暦800年頃から食用と医療用の両方に使用されていました。
明王朝(1368-1644)時代の薬局方にはレッドイーストライスを血行促進、消化促進などに使用した記録が残っています。*2
漢方では血行不良による腹痛、赤痢、心の傷の治療に使用されています。*3
台湾では何世紀にもわたり、調味料、食品保存添加物などに使用されています。
ライスワインにも使用されています。*4 *5
  

有効成分

レッドイーストライスには、でんぷん、タンパク質、植物繊維、ステロール、および脂肪酸をはじめ、モナコリンK、ディ
ハイドロモナコリン、モナコリンT〜VI属の成分が含まれています。

モナコリンKの発見と命名は日本人の遠藤章氏らです。モナコリンKは肝臓内の酵素(HMG-CoA還元酵素など)の働きを阻
止して、コレステロールの生成を抑えます。*6

モナコリンKと同様の働きをする高コレステロール ・ 高脂血症などの脂質異常の治療に使用される認可医薬品 「 ロバス
タイン 」 がの場合は20〜40 mgと多量摂取が必要なのに 「 モナコリンKを始めとして10種類の異なったモナコリン成
分を含むレッドイーストライス組成物 」 、 「 コレスチン 」 の場合は、わずか5mgの摂取ですみます。*7

遠藤章氏らは、レッドイーストライスのステロール成分がコレステロール値を下げる働きをすると考えています。

試験研究で使用されたレッドイーストライスは、「 コレスチン 」 を使用して行われていますが、特許権侵害で 「 コレス
チン 」 側が勝訴した結果、合衆国で他メーカーの 「 コレスチン 」 組成商品の製造販売が禁止されています。

そのため現在米国で販売されているレッドイーストライス製品は、10個のモナコリン全てを含んでいませんし、チトリ
ニンと呼ばれるもともと毒性の疑いのある発酵物を使用した製品も登場しました。*8

現在特許権侵害を避けたレッドイーストライス製品は、広く流通しており事例報告や臨床研究の両方でそれらは 「 コレス
チン 」 と同様の安全性と効力が報告されています。 *9, 10, 11
  

臨床試験

動物実験*12 を経て、コレステロールを下げる2件の人間に対する臨床試験の結果が公開されています。

1件目の臨床試験

男女の患者に2ケ月間1日あたりレッドイーストライス濃縮エキス1.2g (モナコリン13.5mg含有)を与える試験を実施した
結果、男女患者双方にコレステロール値の減少が確認されました。*13

また悪玉コレステロール(LDL)が減少し、善玉コレステロール(HDL)が増加していることが確認されました。
同時に中性脂肪値も改善され減少していました。

2件目の臨床試験

UCLA薬科大学で行われた、12週間1日あたりレッドイーストライス濃縮エキス2.4g (モナコリン10mgを含む )与えた
試験の結果、コレステールの減少と悪玉コレステロール(LDL)の減少が確認されました。

さらに中性脂肪値も下がっていることは確認されましたが、1件目の場合と異なり善玉コレステロール(HDL)の増加は確
認されませんでした。*14

心臓発作前歴のある患者を含む二重盲検試験では、1日2回300mgの特定の組成のレッドイーストライス
(Xuezhikang)サプリメントが、偽薬と比較して心臓病による死亡率をおよそ1/3減少させました。*15

この試験で患者は、1日約6mgのロバスタチンを摂取したことになります。
他の組成のレッドイーストライスで同様の結果が得られるかどうかは現段階ではわかっていません。

モナコリンを含むレッドイーストライスエキスは、主に高コレステロールレベル改善に使用されますが、2カ月間1日あ
たりレッドイーストライス濃縮エキス1.2g (モナコリン13.5mgを含む ) を摂取した試験でトリグリセリド ( 中性脂肪 )
レベルをかなりの程度下げる効果があると報告されています。 *16

合衆国国内の裁判でで敗訴し特許権侵害となったモナコリンKを含むコレスチンは、その後販売禁止となりました。
現在特許権侵害のないようにモナコリンKを含むコレスチンと異なった化学組成のレッドイーストライス製品が販売され
ています。
  

摂取方法

1日あたり1.2〜2.4g (モナコリン5〜10mg含有) を8〜12週間継続して摂取することが推奨されています。*17*18
1日あたり30〜60mgのコエンザイムQ10を同時摂取するとコレステロール値を下げる効果が促進されます。
  

安全性

人により軽い胸やけ、ガスの発生、めまいなどを感じる場合があります。*19
肝臓疾患のある方は使用しないようにしてください。*20
妊娠、授乳中の方に対する安全性は未確認ですので使用を控えてください。
  

参考資料

*1. Burnham TH, Sjweain SL, Short RM (eds). Monascus. In: The Review of Natural Products. St. Louis, MO: Facts and Comparisons,
1997.

*2. Burnham TH, Sjweain SL, Short RM (eds). Monascus. In: The Review of Natural Products. St. Louis, MO: Facts and
Comparisons, 1997.

*3. Hsu Hong-Yen. Oriental Materia Medica. Long Beach, CA: Oriental Healing Arts Institute, 1986, 731-2.

*4. Burnham TH, Sjweain SL, Short RM (eds). Monascus. In: The Review of Natural Products. St. Louis, MO: Facts and Comparisons,
1997.

*5. Hsu Hong-Yen. Oriental Materia Medica. Long Beach, CA: Oriental Healing Arts Institute, 1986, 731-2.

*6. Heber D, Yip I, Ashley JM, et al. Cholesterol-lowering effects of a proprietary Chinese red-yeast-rice dietary supplement.
Am J Clin Nutr 1999;69:231-6.

*7. Heber D, Yip I, Ashley JM, et al. Cholesterol-lowering effects of a proprietary Chinese red-yeast-rice dietary supplement.
Am J Clin Nutr 1999;69:231-6.

*8. Heber D, Lembertas A, Lu QY, et al. An analysis of nine proprietary Chinese red yeast rice dietary supplements: implications
of variability in chemical profile and contents. J Altern Complement Med 2001;7:133-9.

*9. Huang CF, Li TC, Lin CC, et al. Efficacy of Monascus purpureus Went rice on lowering lipid ratios in hypercholesterolemic
patients. Eur J Cardiovasc Prev Rehabil 2007;14:438-40.

*10. Halbert SC, French B, Gordon RY, Farrar JT, Schmitz K, Morris PB, et al. Tolerability of red yeast rice (2,400 mg twicedaily)
versus pravastatin (20 mg twice daily) in patients with previous statin intolerance. Am J Cardiol 2010;105
:198-204.


*11. Venero CV, Venero JV, Wortham DC, Thompson PD. Lipid-lowering efficacy of red yeast rice in a population intolerant
tostatins. Am J Cardiol 2010;105:664-6.


*12. Li C, Zhu Y, Wang Y, et al. Monascus purpureus-fermented rice (red yeast rice): a natural food product that lowers
bloodcholesterol in animal models of hypercholesterolemia. Nutr Res 1998;18:71-81.

*13. Wang J, Lu Z, Chi J, et al. Multicenter clinical trial of the serum lipid-lowering effects of a Monascus purpureus (redyeast)
rice preparation from traditional Chinese medicine. Curr Ther Res 1997;58:964-77.

*14. Heber D, Yip I, Ashley JM, et al. Cholesterol-lowering effects of a proprietary Chinese red-yeast-rice dietary supplement.
Am J Clin Nutr 1999;69:231-6.

*15. Lu Z, Kou W, Du B, et al. Effect of Xuezhikang, an extract from red yeast Chinese rice, on coronary events i n a
Chinesepopulation with previous myocardial infarction. Am J Cardiol 2008;101:1689-93.

*16. Wang J, Lu Z, Chi J, et al. Multicenter clinical trial of the serum lipid-lowering effects of a Monascus purpureus (red yeast)
rice preparation from traditional Chinese medicine. Curr Ther Res 1997;58:964-77.

*17. Heber D, Yip I, Ashley JM, et al. Cholesterol-lowering effects of a proprietary Chinese red-yeast-rice dietary supplement.
Am J Clin Nutr 1999;69:231-6.

*18. Wang J, Lu Z, Chi J, et al. Multicenter clinical trial of the serum lipid-lowering effects of a Monascus purpureus (redyeast)
rice preparation from traditional Chinese medicine. Curr Ther Res 1997;58:964-77.

*19. Heber D, Lembertas A, Lu QY, et al. An analysis of nine proprietary Chinese red yeast rice dietary supplements: implications
of variability in chemical profile and contents. J Altern Complement Med 2001;7:133-9.

*20. Burnham TH, Sjweain SL, Short RM (eds). Monascus. In: The Review of Natural Products. St. Louis, MO: Facts and Comparisons,
1997.








xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx