miniken.com

 
** マリーゴールドフラワー **
(マリーゴー(カレンデュラ)ドフラワー) 
分類学名 :Calendula officinalis   分類 : キク科
  和名 : クジャクギク ( マンジュギク、キンセンカ )
 
マリーゴールドティー
カレンデュラ(マリーゴールド)の花は、皮膚や粘膜、毛細血管のダメージを速やかに癒すカロチンや殺菌、収斂作用があるタンニンやカレンデュリンを含みます。

切り傷、擦り傷、肌荒れなどに最も効果のあるハーブの1つで化粧品や石鹸、入浴剤などにも利用されます。

ヨーロッパの人たちは、家庭の庭に咲くマリーゴールドの花を摘んで乾燥させた後、オリーブオイルなどに漬けて成分を抽出したカレンデュラオイルを子供の外傷や打撲、お母さんのしもやけや火傷などの手当てに使用します。
赤ちゃんと小児の
カレンデュラ
おむつかぶれクリーム

カレンデュラは、ヨーロッパの中世時代のお祭りで教会の聖母マリアに捧げられた花であることからマリーゴールドとも呼ばれます。
普段の生活の中で使用されている実用的なハーブです。

オレンジ色の花びらには、皮膚や粘膜、毛細血管のダメージを速やかに癒すカロチンや殺菌、収斂作用があるタンニンやカレンデュリンが含まれ昔から擦り傷、切り傷、肌荒れ、手荒れなどに最も効果のあるハーブとして使用されています。

収斂作用で出血を止める働きがあるので消化器官の潰瘍、胃潰瘍にも効果を発揮します。
カレンデュラは、女性ホルモンのエストロゲン様作用で、月経不順、更年期障害和らげるといわれています。

カレンデュラ ( マリーゴールド ) オイルは、マリーゴールドの花をオリーブオイルなどの植物性オイルなどのベースオイルに漬け込んで成分を抽出したオイルです。
きれいなベータカロチンの色、オレンジ色をしていて乾燥肌の手入れにも最適です。

 
生育場所と使用部分
地中海沿岸国が原産です。観賞用のものは世界中で栽培されていますがハーブ用は主に北米、欧州で栽培されています。
金、オレンジ、黄色の花と一部葉がハーブに使用されます。

 
伝統療法
昔から殺菌、抗炎症作用があるカレンデュラの花は、創傷の防腐、治癒に使用されました。
ヨーロッパの一般家庭では、カレンデュラの花を摘んでオリーブオイルに浸けてカレンデュラオイルを作りやけど、肌荒れ、湿疹などの治療に使用します。*1

消化器官の潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎などには、カレンデュラ水を飲用して治療し、結膜炎の治療にはカレンデュラ水で洗浄します。

 
カレンデュラの健康項目
等 級 健 康 項 目
その他   乳首の裂傷、やけど、日焼け、、湿疹、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、創傷、乳首結膜炎/眼瞼炎 ( まぶたに湿疹、皮膚炎が出来たもの )

第1級 : 信頼性の高い臨床試験による検証データがあり非常に効果が高いもの
第2級 : 試験管あるいは動物実験で効果があるとされているもの
第 2級 : あるいは効果があるとされているもの
その他 : 主にハーブを使用した民間療法に使用されているもの
第 2級 : 臨床試験による検証データがあり効果があるとされているもの 


カレンデュラの有効成分
マリーゴールドに豊富なフラボノイド類には、抗炎症作用があります。*2
その他重要な働きをする可能性を秘めたトリテルペンサポニン*3とカロチノイドが含まれています。
これらの成分は、抗がん作用と抗菌、抗ウィルス作用が期待されていて、現在も研究が進められています。
最近の試験管研究で、マリーゴールドの抗ウィルス作用が確認されています。*4,5
今のところこの抗ウィルス作用を行なう成分については解明されていません。人への安全性についても不明です。

摂取方法
ハーブ小さじ半分〜1杯に1カップ(250ml)の熱湯を注いで4〜7分待って漉してお飲みください。
( 海外では小さじ1〜2杯(5〜10g)に1カップ(250ml)の熱湯を注いで10〜15分待って漉して1日に少なくとも3カップお飲みください。*6  --- と紹介されています。
かなり濃い目のティーですので慣れてきたらハーブ量を多くして飲むようにしてください。)
マリーゴールドフラワーチンキの場合は、小さじ1/4〜1/2杯(1〜 2ml)を1日3回飲みます。
水かティーの中にチンキを入れて飲みます。
また、肌の手当てはマリーゴールドオイルを使用したり、冷ましたマリーゴールドフラワーティーをコットンを浸して化粧水代わりに使用する方法もあります。

 
安全性
副作用はほとんどありません。 ただアレルギー体質の人は、吹き出物や発疹が出る場合がありますので最初に、少量を使
してみてから実際に使用する方が良いかも知れません。
現在のところマリーゴールドフラワーと医薬品との相互作用の報告はありません。

   
参考資料
*1. Leung A, Foster S. Encyclopedia of Common Natural Ingredients Used in Food, Drugs and Cosmetics, 2d ed. New York:John Wiley & Sons, 1996, 113-4.

*2. Weiss RF. Herbal Medicine. Gothenburg, Sweden: Ab Arcanum, 1988, 344.

*3. Della Loggia R, Tubaro A, Sosa S, et al. The role of triterpenoids in the topical anti-inflammatory activity of Calendula officinalis flowers. Planta Med 1994;60:516-20.

*4. Bogdanova NS, Nikolaeva IS, Shcherbakova LI, et al. Study of antiviral properties of Calendula officinalis. Farmskolto Ksikol 1970;33:349-55 [in Russian].

*5. De Tommasi N, Conti C, Stein ML, et al. Structure and in vitro activity of triterpenoid saponins form Calendula arvensis.Plants Med 1991;57:250?3. 6. Wichtl M. Herbal Drugs and Phytopharmaceuticals. Boca Raton, FL: CRC Press, 1994, 118-20.

















xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx