**  MSM  **


aa

aa  

植物性グルコサミン
・MSM 120粒
(税込)

グルコサミン、コンド
ロイチン、MSM120粒
(税込)

 
       
- 1 -

硫黄は、グローバルの一環として自然界の"硫黄循環" で上層大気中で形成され、雨水で地上に落下し、植物が土壌から吸収します。
こうして植物、動物、人間が保有します。

MSMは、主に松や杉などの針葉樹から作られる白色、無臭、無毒の有機硫黄でパウダー、カプセルの形で流通します。

MSMは、1980年代に、ポートランドのオレゴンヘルスサイエンス大学のスタンレー W. ジェイコブ博士と生物学者ロバート J .ハーシュラーが35年以上かけた研究で開発したました。

メチルサルフォニルメタン( Methyl ulfonyl Methane )の名称で12件の特許が取得しています。*1

- 2 -

MSMは、代替医療で、関節痛緩和、炎症軽減、免疫力を高める目的で使用されます。

MSMの研究で、関節の痛み、こわばり、腫脹の軽減に有効であることがわかっています。
なので用途の多くは、関節や筋肉の痛みを減らすことです。
変形関節性、膝、背中、手、腰などの痛みに有効であることが示されています。

MSM が体の炎症を大幅に減らしたり、軟骨の摩耗を防ぎます。*2

■50歳以上の100人が参加した12週間、MSM 1,200 mg サプリメントを使用した二重盲検試験で、偽薬グループに比べて、関節痛、こわばり、腫脹を減少させ(2信頼できる発行元). 生活の質の改善、ベッドから出る苦痛が減ったと報告してます。*3

- 3 -

■32人の腰痛の人にMSM入りのグルコサミンサプリメントを与えた試験では、運動後の腰部のこわばりや痛みが著しく減って生活の質が大幅に改善されました。*4
- 4 -
★抗炎症作用により痛みを減らします

MSMは、炎症を起こすTNF-ɑやIL-6などの分子の放出を減少させる抗炎症特性があります。
また体内の強力抗酸化物質グルタチオン濃度を高めます。

■例えば、マウスにMSMの補給をした結果、TNF-ɑやIL-6などの炎症性サイトカインの放出を抑制し、グルタチオン濃度が増して、マウスの胃潰瘍による炎症を大幅に軽減しました。*5

■健康な40人の男性参加の研究では、過度の運動前に3,000mgのMSMを摂取すると、偽薬と比較して炎症性サイトカインの放出が減少し、免疫細胞へのストレスが防止されました。*6
- 5 -
★運動後の筋肉労の回復を速くします    

激しい運動は、筋肉損傷を加速し、体内に発生する活性酸素による酸化ストレスを増加させます。*7

MSMは、抗炎症特性と強力な抗酸化物質グルタチオン濃度を高める働きで酸化ストレスを抑え、運動後の筋肉痛、筋肉の損傷を軽減します.

■走行前の10日間体重1kgあたり50mgのMSMパウダーを摂取し14kmの走行をした18人の健康男性の走行後の検査で筋肉損傷が少なく、グルタチオン濃度を高くて抗酸化効果が認められました。 *8


■ハーフマラソン3週間前からMSMを1日あたり3,000 mg服用した22人の健康な女性の参加した研究では、偽薬グループよりも筋肉痛と関節痛が少ない結果が得られました。 *9
- 6 -
■2週間MSMを1日あたり3,000 mg服用した男性の研究で、アスレチック後に行った検査でIL-6レベルが低く、運動後の筋肉痛が少ない結果が得られました。*10

★関節炎の症状緩和

関節炎は、痛み、こわばり、関節の可動域の減少が起こる症状です。
抗炎症特性のあるMSMは痛み、こわばり、関節の可動域の減少にさせます。

1日MSM 3,400 gを12週間服用する変形性膝関節症患者49人参加した研究で、偽薬グループに比べて関節の痛みやこわばりの減少、機能改善がありました。*11

コンドロイチン硫酸とボスウェル酸. MSMとグルコサミンとコンドロイチンを組み合わせるある研究では、グルコサミンやコンドロイチン単独よりも変形性膝関節症の人の痛みや
- 7 -
こわばりを減らす方が効果が高いことがわかりました。*12

1日あたりMSM 5,000 mgとボスウェル酸 7 ,000 mgを摂る研究では、グルコサミン単独よりも、膝の痛みを軽減し、機能を改善しました。 *13


★アレルギー性鼻炎の症状緩和

ふけ、花粉、カビなどが引き金となるアレルギー性鼻炎は、涙目、くしゃみ、かゆみ、鼻水、鼻詰まりなどの症状が起こす症状です。*14  30日間50名のアレルギー性鼻炎患者に1日MSM 2,600mgを投与する研究で、かゆみ、うっ血、息切れ、くしゃみ、咳などの症状を軽減しました。 *15
14日経過までの間に参加者は、大幅に体力の増加を体験しました。*16
- 8 -
★安全性

毒性、アレルギー性はありません。他の薬品との相互作用はありません。
- 9 -
★参考資料

*1. Stanley W. Jacob; "The Miracle of MSM:The Natural Solution for Pain"; 1999

*2.Ezaki J1, Hashimoto M, Hosokawa Y, Ishimi Y.Assessment of safety and efficacy of methylsulfonylmethane on bone and knee joints in osteoarthritis animal model. 2013 Jan;31(1):16-25. doi: 10.1007/s00774-012-0378-9. Epub 2012 Aug 10.

*3.Gang Xu,Tian Zhou, Yaqin Gu Evaluation of the Effect of Mega MSM on Improving Joint Function in Populations Experiencing Joint Degeneration 2015 Jun; 11(2): 54–60. PMCID: PMC4502733 PMID: 26199577

*4.Laure Tant, Bruno Gillard, Thierry Appelboom, Open-label, randomized, controlled pilot study of the effects of a glucosamine complex on Low back pain 2005.12.009 PMCID: PMC3965983 PMID: 24678073
- 10 -
*5. Amirshahrokhi K1, Khalili AR2.Methylsulfonylmethane is effective against gastric mucosal injury. 2017 Sep 15;811:240-248. doi: 10.1016/j.ejphar.2017.06.034. Epub 2017 Jun 28.

*6.Mariè van der Merwe * and Richard J. Bloomer. The Influence of Methylsulfonylmethane on Inflammation-Associated Cytokine Release before and following Strenuous Exercise. 2016; 2016: 7498359 PMCID: PMC5097813. PMID: 27844051

*7.Jackson MJ1, Pye D, Palomero J. The production of reactive oxygen and nitrogen species by skeletal muscle. 2007 Apr;102(4):1664-70. Epub 2006 Nov 2.

*8.Barmaki S1, Bohlooli S, Khoshkhahesh F, Nakhostin-Roohi B. Effect of methylsulfonylmethane supplementation on exercise - Induced muscle damage and total antioxidant capacity. 2012 Apr;52(2):170-4.
- 11 -
*9.Withee ED, Tippens KM, Dehen R, Tibbitts D, Hanes D, Zwickey H. Effects of Methylsulfonylmethane (MSM) on exercise-induced oxidative stress, muscle damage, and pain following a half-marathon: a double-blind, randomized, placebo-controlled trial. 2017 Jul 21;14:24. doi: 10.1186/s12970-017-0181-z. eCollection 2017.

*10.Douglas K.Samantha F.Adam S.Diane K.A Randomized Double Blind Placebo Controlled Evaluation of MSM for Exercise Induced Discomfort/Pain.1 Apr 2013 FASEB Journal logo

*11.Debbi EM, Agar G, Fichman G, etc. Efficacy of methylsulfonylmethane supplementation on osteoarthritis of the knee: a randomized controlled study.2011 Jun 27;11:50. doi: 10.1186/1472-6882-11-50.

*12.Lubis AMT1, Siagian C, Wonggokusuma E, etc.Comparison of Glucosamine-Chondroitin Sulfate with and without Methylsulfonylmethane in Grade
- 12 -
I-II Knee Osteoarthritis: A Double Blind Randomized Controlled Trial. 2017 Apr;49(2):105-111.

*13.Notarnicola A, Maccagnano G, Moretti L, etc.Methylsulfonylmethane and boswellic acids versus glucosamine sulfate in the treatment of knee arthritis: Randomized trial.2016 Mar;29(1):140-6. doi: 10.1177/0394632015622215.Epub 2015 Dec

*14.Peter S.Harold K.Allergic rhinitis.2011; 7(Suppl 1): S3. PMCID: PMC3245436.PMID: 22166009

*15.Barrager E, Veltmann JR Jr, Schauss AG, Schiller RN. A multicentered, open-label trial on the safety and efficacy of methylsulfonylmethane in the treatment of seasonal allergic rhinitis.2002 Apr;8(2):167-73.

*16.Barrager E, Veltmann JR Jr, Schauss AG, Schiller RN.A multicentered, open-label trial on the safety and efficacy of methylsulfonylmethane in the treatment of seasonal allergic rhinitis.2002 Apr;8(2):167-73.