**  ルテイン  **


aa

aa  

ルテイン
10mg 120粒
(税込)

ルテイン・OptiLut
10mg 120粒
(税込)

 
        
- 1 -

視力の健康維持
暗視野の改善
有害な青色光の除去
眼精疲労の改善

黄斑変性や白内障のリスクを減らす可能性のある2つの非常に重要な眼の栄養素にルテインとゼアキサンチンがあります。
ルテインおよびゼアキサンチンは、
野菜などいろいろな植物に広く見られる黄色から赤色の色素である2種類のカロテノイド です。
ルテインは黄色の色素ですが、高濃度では橙赤色に見えます。

自然界では、ルテインとゼアキサンチンは過剰な光エネルギーを吸収して、日光が強すぎる時、特に青色光などの高エネルギーの光線による植物への損傷を防いでいます。

- 2 -

ルテインとゼアキサンチンは、眼の水晶体と網膜中央付近の黄斑部に蓄えられています。



活性酸素により黄斑部が損傷すると一部に視野欠けが起こり、例えば前方の車は問題なく見えるのに交差点の赤信号部分だけが見えないなど怖い黄斑変成の症状が起こります。
- 3 -
活性酸素のダメージ:

活性酸素により水晶体が損傷すると白内障が起きたりします。

これらのダメージは、マリーゴルド由来のルテイン摂取で予防が可能です。
周囲光の紫外線、青色光などの比較的波長の短い光が入光したときのフイルターの役目をしたり、眼中に発生する活性酸素から網膜細胞や視神経を保護することで黄斑変性や白内障などのリスクを軽減する言われています。
また眼精疲労をとりかすみ目などを改善して眼の疲れをとります。

屋外スポーツで汗を流すのが好きな人の眼の黄斑部や網膜細胞は、活性酸素のダメージにさらされています。

ご用心。
- 4 -
黄斑変性の発症リスク:

多くの研究で 普段の生活で1日のルテイン摂取量が3mg以下になると黄斑変性症の発症リスクが57%増加するとされています。
残念ながら一旦黄斑変成を発症すると現在は普段の食事や総合ビタミン剤やルテインで黄斑変成の進行を完全に食い止めたり治したりするることはできません。

ですから黄斑変成には、予防することが重要になります。網膜細胞や視神経の健康状態は、ルテインの保有量に大きく関わります。

高齢者でも1日30mg程度のルテインの摂取を続けると、ルテインが蓄えられ黄斑部の輪郭がはっきりしてきて眼の健康状態を保てます。

- 5 -
ルテインの健康作用:

あるテストで140日間ルテインの摂取を続けた後に、黄斑部のルテインの蓄えが平均30%増加し、摂取中止後42日間持続したという報告されています。


ルテインに関する研究では、ルテインやゼアキサンチンの抗酸化作用が肺機能を元気にしたり、紫外線による皮膚癌発症リスクや白内障の発症リスクを抑えると言われています。
- 6 -
ルテインの摂取:

ルテインは果物や野菜などいろいろな植物で作られる橙色の色素です。
人の眼でルテインとゼアキサンチンは、眼の水晶体や網膜中心部の黄斑部に蓄えられています。外光、青色光により、水晶体や網膜、視神経に発生する活性酸素を中和することで活性酸素のダメージを防いでいます。
眼は青色光などの短波長光に曝されると短期であっても、ダメージが蓄積すると視力低下の原因になります。 ルテインとゼアキサンチンは体内で生成できないことから年齢とともに減少する傾向があります。

食事やサプリメントで補給する意識を持つことが重要になります。