miniken.com

 
** ルテイン **
 ( 黄斑変性症、白内障の予防 )
マリーゴールドティー
黄斑変性や白内障のリスクを減らす可能性のある2つの非常に重要な眼の栄養素は、ルテイン(LOO-teen)とゼアキサンチン(zee-ah-ZAN-thin)です。 ルテインおよびゼアキサンチンは、野菜などいろいろな植物に広く見られる黄色から赤色の色素である2種類のカロテノイド (kuh-RAH-teh-noids)です。 ルテインは黄色の色素とされていますが、高濃度では橙赤色に見えます。 自然界では、ルテインとゼアキサンチンは過剰な光エネルギーを吸収して、日光が強すぎる時、特に青色光などの高エネルギーの光線による植物への損傷を防いでいます。

人の眼の黄斑部が活性酸素のダメージなどで損傷すると視野欠けが起こり交差点で赤信号が見えない など怖い黄斑変成の症状が起こります。
また水晶体が活性酸素のダメージを受けると白内障の症状が起こります。

マリーゴルド由来のルテイン摂取でこれらのダメージを予防できます。

ルテイン・FloraGlo
20mg 60ソフトゲル
ルテイン・OptiLut
10mg 120ベジカプセル
 
  ルテイン 10mg
120ソフトゲル
カレンデュラは、ヨーロッパの中世時代のお祭りで教会の聖母マリアに捧げられた花であることからマリーゴールドとも呼ばれ、日常生活の中で使用される実用的なハーブです。
カレンデュラ ( マリーゴールド ) オイルは、マリーゴールドの花をオリーブオイルなどの植物性オイルなどのベースオイルに漬け込んで成分を抽出したオイルです。
ベータカロチンのきれいなオレンジ色のオイルは、乾燥肌のお手入れにも最適です。
卵黄、カレンデュラ( マリゴールド )などの花、とうもろこし、唐辛子、海藻、にら、えんどう、レタス、ほうれん草、ブロッコリーなどにはルテインとゼアキサンチンが含まれています。

ルテインの備蓄
ルテインとゼアキサンチンは、主に眼の中のロッドレンズと網膜中央付近にある黄斑部に蓄えられています。
周囲光の紫外線、青色光などの比較的波長の短い光が入光したときのフイルターの役目をしたり、眼中に発生する活性酸素から網膜細胞や視神経を保護することで加齢で発症しやすい黄斑変性や白内障などのリスクを軽減するとされています。
また眼精疲労をとりかすみ目などを改善して眼の疲れをとります。

屋外スポーツで汗を流すのが好きな人の目の黄斑部や網膜細胞は、活性酸素のダメージにさらされています。ご用心。
多くの研究で 普段の生活で1日のルテイン摂取量が3mg以下になると黄斑変性症のリスクが57%増加するとされています。
残念ながら一旦黄斑変成を発症すると現在は普段の食事や総合ビタミン剤やルテインで黄斑変成の進行を完全に食い止めたり治したりするることはできません。
ですから黄斑変成には、予防することが重要になります。網膜細胞や視神経の健康状態は、ルテインの保有量に大きく関わります。

高齢者でも1日30mg程度のルテインの摂取を続けると、ルテインが蓄えられ黄斑部の輪郭がはっきりしてきて眼の健康状態を保てます。

あるテストで140日間ルテインの摂取を続けた後に、黄斑部のルテインの蓄えが平均30%増加し、摂取中止後42日間持続したという報告がされています。

ルテインの健康作用
最近の研究で、ルテインやゼアキサンチンの抗酸化作用が肺機能を元気にするとか紫外線によって起こる皮膚癌を予防する可能性があるという報告もあります。
またルテイン摂取で眼への栄養補給を改善されますから白内障も予防できるという報告もあります。

1994年の11月4日アメリカ医学協会から出版された機関誌の研究論文で、ベータカロテン(5000 IU )とルテインとゼアクサンチンの摂取で黄斑変成を予防したりかなりの症状改善が期待できると報告されています。



















xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx