**  L-アルギニン  **


aa
aa  

L-アルギニン
1000mg 100粒
(税込)

強力L-アルギニン
3000mg 90粒
(税込)

 
                   
- 1 -
血圧、血流の改善
高血圧、脳卒中、心不全リスク軽減
勃起不全の改善
受胎能力の向上

L-アルギニンは、体の活動エネルギーアデノシン三リン酸生成に必要なクレアチン、毒性のあるアンモニアの処理をするオルニチン、さらに血管を拡張し、血圧、血流を改善して、血栓予防や心臓の健康 *1, *2  に役立つ一酸化窒素の生成に使用されるなどいろいろな役割をもつ必須アミノ酸です。

また男性の勃起不全、女性の受胎能力の改善、筋肉強化の役割もします。

クレアチンは、疲労回復、筋肉強化などで流行りの筋トレ必需品と言われる成分です。   
- 2 -
★血圧と血流の改善

L-アルギニンの補給により、一酸化窒素の産生が増え、一酸化窒素の分解が阻止されので *3  血圧が下ります。
血圧が下ると、高血圧や脳卒中のリスクが下ります。

★心臓病のリスクを下げる

人で行われた臨床研究で、アルギニン代謝能力が低い心疾患患者のL-アルギニンレベルは、健常対照患者に比べ低いことがわかっています。*4

前述のようにL-アルギニンの補給により、一酸化窒素産生が増えてL-アルギニンレベルが正常になることで心臓病のリスクが下がります。
- 3 -
★勃起不全(ED)の改善

陰茎勃起には、一酸化窒素により海綿平滑筋の弛緩(ゆるみ)がおきることが必要です。一酸化窒素を増やすL-アルギニンとピクノジェノール摂取で勃起不全(ED)の改善効果を検証する3ヵ月間25-45歳の40人の男性が参加した研究があります。*4
1ヵ月目。1日L-アルギニン1700mg相当(サルゲノール、アスパラギン酸ジペプチドアルギニル)液の摂取。
2ヵ月目。1日L-アルギニン1700mg相当とピクノジェノール40mg 1日2回摂取。
3ヵ月目。1日L-アルギニン1700mg相当とピクノジェノール40 mgの3回摂取。
★結果 : 1ヶ月後、2人(5%)。2ヵ月後、80%。3ヶ月後、92.5%が正常勃起を経験しました。
 勃起不全(ED)の改善セット商品ページ
   
- 4 -
★Ⅱ型糖尿病の酸化ストレスを減らす

臨床研究で、Ⅱ型糖尿病患者は、アルギニン代謝能力が低いためにL-アルギニンレベルが低くなっていることがわかっています。*5

小規模なⅡ型糖尿病患者による研究で、L-アルギニン補給により、一酸化窒素レベルが増えたことで活性酸素の酸化ストレスを減らす働きをすることが確認されました。*6,*7

★不安の軽減

高不安環境レベルにした健康な被験者に1日当たりL-リジン3,000mg、L-アルギニン3,000mgの補給を行った試験の結果で、ストレスの多さに応じてストレスと不安を軽減するホルモンの放出が増えることが確認されました。*8
- 5 -
運動持久力の増加

運動中の筋肉が必要とする酸素量を減らし持久力を増加させます。

受胎能力の向上

女性は、卵巣のホルモン反応が悪くて生殖能力が低下することがあります。低出生率女性を対象とした研究で、他のサプリメントと一緒に摂取したL-アルギニン補給により卵巣のホルモン反応が向上し妊娠率が高くなったことが確認されました。*9


老化と戦う

加齢により一酸化窒素レベルが下がり *10 ますが、L-アルギニン補給で一酸化窒素レベルを維持することで老化を抑えます。    
- 6 -
★摂取方法

適量を守り過剰摂取しないで下さい。食事と一緒に摂取して下さい。

L-アルギニンは、通常健康な人の場合は、食事や腎臓を介して体内で合成されます。

L-アルギニンは、ほぼ全てのタンパク質食品に含まれています。

赤身の肉、魚、乳製品、卵には、アルギニンが含まれます。
例外としてゼラチンに含まれません。
特に魚とクルミなどの木の実に豊富です。

クルミには15%のアルギニンが含まれています。
- 7 -
★参考資料

*1.Biochim Biophys Acta. 2006 Mar;1757(3):166-72. Epub 2006 Mar 20.    Mitochondrial metabolic states and membrane potential modulate mtNOS activity.Valdez LB1, Zaobornyj T, Boveris A.

*2. Biomed Pharmacother. 2002 Nov;56(9):427-38.The metabolic basis of arginine nutrition and pharmacotherapy.Flynn NE1, Meininger CJ, Haynes TE, Wu G.

*3.J Physiol Biochem. 2004 Mar;60(1):31-7.Effects of dietary L-arginine supplementation on serum lipids and intestinal enzyme activities in diabetic rats. Míguez I1, Mariño G, Rodríguez B, Taboada C.

*4.Journal of Sex & Marital Therapy Volume 29, 2003 - Issue 3 Treatment of Erectile Dysfunction with Pycnogenol and L-arginine R. STANISLAVOV & V. NIKOLOVA
- 8 -

*5.Sci Rep. 2016; 6: 30785.Published online 2016 Jul 29. doi: 10.1038/srep30785 Identification of metabolic biomarkers in patients with type 2 diabetic coronary heart diseases based on metabolomic approach Xinfeng Liu,1,* Jian Gao,2,* Jianxin Chen,2,* Zhiyong Wang,2 Qi Shi,2 Hongxue Man,1 Shuzhen Guo,2 Yingfeng Wang,1 Zhongfeng Li,a,1,2 and Wei Wangb,2

*6.Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2012 Mar;16(3):342-50.The effect of oral L-arginine supplementation on fasting glucose, HbA1c, nitric oxide and total antioxidant status in diabetic patients with atherosclerotic peripheral arterial disease of lower extremities.    Jabłecka A1, Bogdański P, Balcer N, Cieślewicz A, Skołuda A, Musialik K.

*7.Am J Physiol Endocrinol Metab. 2006 Nov;291(5):E906-12. Epub 2006 Jun 13. Beneficial effects of a long-term oral L-arginine treatment added to a hypocaloric diet and exercise training program in obese, insulin-resistant type 2 diabetic patients. Lucotti P1, Setola E, Monti LD, Galluccio E, Costa S, Sandoli EP, Fermo I, Rabaiotti G, Gatti R, Piatti P.
- 9 -


*8.Nutr Neurosci. 2005 Jun;8(3):155-60.Subchronic treatment with amino acid mixture of L-lysine and L-arginine modifies neuroendocrine activation during psychosocial stress in subjects with high trait anxiety. Jezova D1, Makatsori A, Smriga M, Morinaga Y, Duncko R.

*9.Hum Reprod. 1999 Jul;14(7):1690-7.Adjuvant L-arginine treatment for in-vitro fertilization in poor responder patients. Battaglia C1, Salvatori M, Maxia N, Petraglia F, Facchinetti F, Volpe A.

*10.J Am Heart Assoc. 2014 Aug 18;3(4). pii: e000973. doi: 10.1161/JAHA.114.000973.Aging of the nitric oxide system: are we as old as our NO? Sverdlov AL1, Ngo DT1, Chan WP1, Chirkov YY1, Horowitz JD1.

男性の健康・関連製品