** ホーニーゴートウィード **** *
テストテトロン、ドーパミン分泌促進** *
ホーニーゴートウィードは、何世紀使用されています。

男性の脳下垂体を刺激し性腺刺激ホルモンの分泌を促したり、
男性ホルモン・テストステロンの増産を促し、
男性、女性の神経伝達物質ドーパミンの分泌を促し、

男性、女性のセクシャルバイタリティーをアップさせます。
最強ホーニーゴード
ウィード
マカ入り
ホーニーゴード
ウィードエキス
  

テストテトロン

男性ホルモンには、テストステロンのほか、ジヒドロテストステロン(DHT)、デヒドロエピアンドロストロン
(DHEA)、アンドロステロン、アンドロステンジオン(androstenedione)などがありますが、一般に男性ホルモ
ンといえばテストステロンを指します。

テストステロンの分泌量は、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモン(LH)と、視床下部から分泌される黄体形成ホ
ルモン放出ホルモン(LHRH)とのバランスでコントロールされています。

性感や性的な刺激により性腺刺激ホルモンの分泌がある程度増えると、性腺刺激ホルモンの分泌が加速し精巣でテスト
テトロンが増産されます。

実際には脳下垂体が刺激を受 け性腺刺激ホルモンの分泌が増えると、精巣でコレステロールから生成されるテストステ
ロンが増産されて血液中に分泌されます。

血液中のテストステロンは、11〜90分で半減し、少量はエストロゲン(女性ホルモン)に換わり、大部分は肝臓で
代謝され尿中に放出されます。男性でも少量のエストロゲンを持っています。

一般に夜明け前から午前中にかけてのテストステロンレベルが高いといわれています。
20〜30歳代の成人男性が精巣で1日に分泌するテストステロンの量は、7mg前後とされ、60歳を過ぎると20歳
の頃の半分またはそれ以下に減ります。

但し年齢にかかわらず極端なダイエットや菜食主義を続けると、コレステロールが不足し、テストステロンが分泌でき
ない、慢性不足の状態に陥ることもあります。

40〜60代の男性は、社会的責任とストレスが公私共々高まる時期でもあり、人によっては、ある日を境に突然テス
トステロンの分泌が減って、自律神経失調のような不定愁訴を生じるいわゆる男性更年期の症状を起こすこともあると
言われています。
  

テストテトロンと神経伝達物質ドーパミンの分泌促進

いわゆる「活力」「生気」「気持ちの張り」「性欲」は、テストステロンの作用です。
また興奮作用のある神経伝達物質ドーパミンを増やす働きもしますから、 男性、女性いずれにも前向きな気持ちを高め
るのに重要なホルモンとなります。
女性の場合、男性の5〜10%程度が分泌され、天然で最強の媚薬、催淫薬として作用します。
  

テストテトロンは筋肉量を増加させる

テストステロンには、適切な食事と運動により、筋肉量の増加を促進する働きもあります。
運動選手の中には、筋力や筋持久力の増強目的で男性ホルモンを過剰投与して、ドーピングや副作用の問題が話題にな
ることがあります。
これは、天然に存在しない副作用の強い合成物質を、長期間にわたり過剰投与することによって起こる問題です。
肝臓や腎臓、心臓に異常を起こすことがあり大変危険ですので注意が必要です。
  

テストテトロンの分泌不足は男性にも更年期障害を起こす

テストステロンの分泌は、20歳代をピークにその後加齢とともに低下して行きます。
普通は徐々に衰えます。そのテストステロンの減り具合を何となく「歳をとって来たかな?」と感じる場合が多いよう
です。
しかし、40代から60歳代にかけては、社会的責任とストレスが公私ともに高まる時期でもあります。
人によっては、ある日突然テストステロンの分泌が急激に減って、自律神経失調のような不定愁訴を生じることがあり
ます。
これが男性更年期といわれるものです。

女性の場合には、平均52歳で更年期を迎えると同時に女性ホルモン欠乏状態になるために、肩凝りやほてりなどの症状
が現れますので比較的わかりやすく世間でも認知されていますが、男性の場合は閉経などの目に見える出来事がないこ
とと、さまざまな偏見や社会通念などが邪魔をして世間では男性の更年期障害はなかなか認知されません。

「男性にも更年期がある」という説は、欧米では1940年代からさまざまな提唱と多くの検討がなされて、社会の成
熟化や高齢化にともない、この10年余りの間でアンチエイジング医学への関心とともに世界的に認知されました。

不足した男性ホルモンを補充し男性更年期の症状を改善する治療法が「男性ホルモン補充療法」といわれるものです。

最近どうもやる気が出ないとか、夜よく眠れなくなったとか、ほてりや多汗、性的能力の低下など、年のせいだから仕
方ないと思っていることが、男性更年期障害による症状なのかも知れません。
  

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx