miniken.com

 
** フェンネルシード **
分類学名 : Foeniculum vulgre   分類 : セリ科
  和名 : ウイキョウ
 
フェンネルシードティー 
唾液、胃液分泌を増やし消化を促進、食欲を増進させ、胸やけ、腹痛、腸内ガスの発生を抑えるなど胃腸薬の働きをします。
また抗菌、抗炎症、発汗作用があり風邪薬の働きをしたり、アレルギーの症状を和らげます。

そして胆汁産生を増やし胆汁分泌を活発にして肝機能を活性し肥満原因になる脂肪を燃焼、ダイエットの支援をします。
さらに利尿作用で水ぶとり、むくみをとります。
魚料理のスパイスにも使用されます。

ギリシア語でフェンネルのことをマラトロウといい、"やせる"という意味があり、ギリシャ時代からダイエットに使用したのではないかといわれています。
中世時代にはフェンネル水で眼を洗って眼病の予防、結膜炎治療、魚料理のスパイスにも使用したようです。
胃腸薬や便秘薬の成分にフェンネルを加えることも行われ、胃腸薬、漢方薬安中散にもフェンネルが処方されています。
ラテンアメリカでは母乳を増やすのにミルクの中にフェンネルを入れて沸かして飲みます。
ジャマイカでは風邪薬に、アフリカでは便秘薬、胃腸薬などに使用します。

 
生育場所と使用部分
地地中海沿岸が原産の多年草です。現在北米、アジア、エジプトで栽培されています。

 
フェンネルシードの伝統療法
ギリシャ神話に出てくる神プロメテウスはフェンネルで不死の身を得たとか、ギリシア語でフェンネルのことを"マラトロウ"といい、"やせる"という意味がありギリシャ時代からダイエットに使用していたといわれています。

フェンネルの種は料理、特に魚料理のスパイスに使用されます。
お腹のガスを和らげ、胃腸の調子を良くし、乳児の腹痛を和らげるハーブとして伝統的に使用されてきました。
民間療法では昔から月経不順や更年期障害などの治療に用いられています。但しパウダーにするとエストロゲン生産効果が落ちるといわれています。

試験管試験、ハーブ療法によるフェンネルシードの健康項目
等 級 健 康 項 目
第2級   腹痛( カモミール、クマツヅラ、カンゾウ、レモンバームなどと一緒に調合されます ) 、消化不良や胸やけ
その他   腸内ガス

第1級 : 信頼性の高い臨床試験による検証データがあり非常に効果が高いもの
第2級 : 試験管あるいは動物実験で効果があるとされているもの
第 2級 : あるいは効果があるとされているもの
その他 : 主にハーブを使用した民間療法に使用されているもの
第 2級 : 臨床試験による検証データがあり効果があるとされているもの 


フェンネルシードの有効成分
試験管試験の結果では、定期的に摂れば骨粗鬆症の進行を遅らせたり、女性のエストロゲン生産を促す効果があるといわれています。

安全性
過去重要なトラブルは報告されていません。
しかし非常にまれに肌や呼吸器にアレルギーを起こす原因になる場合がありますのでご注意ください。
エストロゲンに関連する腫瘍の病気の方( 例えば乳癌患者の方 )は、エストロゲンへの影響がないことがはっきりするまで大量にフェンネルを摂ることは避けてください。

参考資料
*1. Foster S. Herbs for Your Health. Loveland, CO: Interweave Press, 1996, 72-3.

*2. Bradley PR (ed). British Herbal Compendium, vol 1. Bournemouth, Dorset UK: British Herbal Medicine Association, 1992,174-6.

*3. Tyler VE. Herbs of Choice: The Therapeutic Use of Phytomedicinals. Binghamton, NY: Pharmaceutical Products Press,1994, 56-7.

*4. Dew MJ, Evans BK, Rhodes J. Peppermint oil for the irritable bowel syndrome: a multicenter trial. Br J Clin Pract 1984;38:394-8.

*5. Liu J-H, Chen G-H, Yeh H-Z, et al. Enteric-coated peppermint-oil capsules in the treatment of irritable bowel syndrome: a prospective, randomized trial. J Gastroenterol 1997;32:765-8.

*6. Rees W, Evans B, Rhodes J. Treating irritable bowel syndrome with peppermint oil. Br Med J 1979; 2:835-6.

*7. Nash P, Gould SR, Barnardo DB. Peppermint oil does not relieve the pain of irritable bowel syndrome. Br J Clin Pract 1986;40:292-3.

*8. May B, Kuntz HD, Kieser M, Kohler S. Efficacy of a fixed peppermint/caraway oil combination in non-ulcer dyspepsia.Arzneimittelforschung 1996;46:1149-53.

*9. Westphal J, Horning M, Leonhardt K. Phytotherapy in functional abdominal complaints: Results of a clinical study with a preparation of several plants. Phytomedicine 1996;2:285-91.

*10. Gobel H, Schmidt G, Dwoshak M, et al. Essential plant oils and headache mechanisms. Phytomedicine 1995;2:93-102.

*11. Gobel H, Schmidt G, Soyka DS. Effect of peppermint and eucalyptus oil preparations on neurophysiological and experimental algesimetric headache parameters. Cephalalgia 1994;14:228-34.

*12. Wichtl M. Herbal Drugs and Phytopharmaceuticals. Boca Raton, FL: CRC Press, 1994, 336-8.

*13. Sigmund DJ, McNally EF. The action of a carminative on the lower esophageal sphincter. Gastroent 1969;56:13-8.

*14. Blumenthal M, Busse WR, Goldberg A, et al. (eds). The Complete Commission E Monographs: Therapeutic Guide to Herbal Medicines. Boston, MA: Integrative Medicine Communications, 1998, 180-2




xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx