miniken.com

 
** フィッシュオイル ***
( オメガ−3脂肪酸 ・ EPA と DHA ) 
西欧風の食生活と生活環境に要因があると言われる心血管疾
患、心筋梗塞、高中性脂肪、高血圧、関節リウマチ、アルツ
ハイマー、記憶力低下、糖尿病、潰瘍性大腸炎、レイノー病
など生活習慣病のリスクを減らすにはオメガ-3系脂肪酸の摂
取を増やし、オメガ-6系脂肪酸の摂取を減らす必要がある。

オメガ-3脂肪酸とオメガ-6脂肪酸の摂取比率は 1 :1 が
理想的な摂取バランスであるという指摘があります。
オメガ3フィッシュオイル100ソフトゲル
 
 

オメガ-3系とオメガ-6系の適正な摂取比率
米国での研究では、オメガ-3脂肪酸とオメガ-6脂肪酸の摂取比率は 1 :1 が理想的だとされています。
過去人類は、オメガ-3脂肪酸とオメガ-6脂肪酸の摂取比率 1 :1 を何百万年も続けて進化してきた歴史があれます。

近代社会では健康志向などから肉やバター、ラードなどの飽和脂肪酸から植物油の代表でもあるオメガ-6脂肪酸のリノール酸などの不飽和脂肪酸が多用されようになりました。
日本でもラード→サラダ油、バター→マーガリンへと食生活の欧米化とともにありとあらゆる形でオメガ-6脂肪酸のリノール酸が私たちの食卓に並ぶようになりました。
そのため今日私たちのオメガ-3脂肪酸を 1 とした時のオメガ-6脂肪酸の摂取比率は、 20 〜 50 、つまりオメガ-3脂肪酸の20 〜50倍のオメガ-6脂肪酸を過剰に摂取する極端にアンバランスな状態になっています。

その結果、高齢化の進行とともに、上述の心血管疾患、心筋梗塞、関節リウマチ、高中性脂肪、高血圧、アルツハイマー、記憶力減退、関節リウマチ、糖尿病、潰瘍性大腸炎、レイノー病などの生活習慣病が増加する要因になっているのではないかと言われるようになりました。 

オメガ-3系脂肪酸 ・ 各成分の働き
月見草オイルの健康項目
     
     
     
     
     
     
     
月見草オイルの健康項目
等 級 健 康 項 目
第1級 糖尿病の合併症( 脳梗塞、心筋梗塞の予防、症状改善 )
第2級 湿疹、肺炎、骨粗鬆症( 肝油と同時に使用する ) 、PMS 、関節リウマチ、皮膚の炎症やかゆみ、日焼け、乾燥肌
その他 アルコール中毒、動脈硬化、体調不良、下痢、手足指の脱疽

第1級 : 信頼性の高い臨床試験による検証データがあり非常に効果が高いもの
第2級 : 試験管あるいは動物実験で効果があるとされているもの
第 2級 : あるいは効果があるとされているもの
その他 : 主にハーブを使用した民間療法に使用されているもの
第 2級 : 臨床試験による検証データがあり効果があるとされているもの 


GLAの体内産生不足
月経前症候群(PMS) *13、糖尿病 *14、硬皮症 *15、ショグレン症候群 *16、湿疹 *17、肌荒れ *18 などの症状がある人は体内でGLAの合成能力が低下しています。
これらは月見草オイルサプリメントの摂取で改善されます。 *19, *20, *21, *22

アルコール中毒患者の場合も、GLA不足が確認されています。
GLA摂取グループと摂取しないグループによる試験で、月見草オイルサプリメントでアルコール中毒の症状改善効果が確認されました。*23

月見草の成分 γ-リノレン酸(GLA)のはたらき
肌細胞の保水作用を増して肌、髪、爪にツヤ、潤い、ソフト感などを与えたり、間接的に女性ホルモン分泌を促してPMSを和らげます。
最新研究ではGLAは血管の柔軟性や弾力性を向上させることがわかっています。
血管内を拡張することで血流を上げ、血圧が下げるはたらきがあります。
GLAの摂取で、エタノールの酸化能力が上がり、アルコール代謝で生まれる"アセトン"を減らして二日酔いやアルコール中毒の症状を和らげるはたらきがあります。

月見草の成分 リノール酸(オメガ6)のはたらき
大豆油、コーン油、綿実油、ごま油など一般の植物油に広く含まれている脂肪酸です。
リノール酸は身体に不可欠な栄養素ですが、体内では産生できませんから、食品からとらなければならない必須脂肪酸です。
血中のコレステロール値を下げるはたらきがあります。

月見草の成分 プロスタグランジンE1の抗炎効果
γリノレイン酸(GLA)は体内で代謝されて抗炎作用があるホルモン様成分プロスタグランジンE1に変わり、リウマチ様関節炎や皮膚の炎症やかゆみを抑え、湿疹や乾癬、肌の老化、日焼け、ドライスキン、皮膚炎、アトピーなど肌のトラブルを和らげます。
(英国では、アトピー性皮膚炎の治療薬として使用されています。)
臨床試験で、プロスタグランジンE1には、コレステロール値を下げたり、血管内を拡張する働きがあり、糖尿合併症(糖尿病性動脈硬化による脳梗塞、心筋梗塞など)、動脈硬化を予防に貢献します。
最新データではがん細胞の増殖を抑える働きが確認されています。

参考資料
*1. Joe LA, Hart LL. Evening primrose oil in rheumatoid arthritis. Ann Pharmacother 1993;27:1475-7 [review].

*2. Dippneaar N, Booyens J, Fabbri D, Katzeff IE. The reversibility of cancer: evidence that malignancy in melanomacells is gamma
linolenic acid deficiency-dependent. S Afr Med J 1982;62:505-9.

*3. Pritchard GA, Mansel RE. The effects of essential fatty acids on the growth of breast cancer and melanoma. InOmega-6 Essential
Fatty Acids: Pathophysiology and Roles in Clinical Medicine. Horrobin DF (ed). New York: Alan R
Liss, 1990, 379-90.

*4. Lee JH, Sugano M. Effects of linoleic and gamma-linolenic acid on 7,12-dimethylbenz(a)anthracene-induced rat mammary
tumors. Nutr Rep Int 1986;34:1041.

*5. Naidu MRC, Das UN, Kshan A. Intratumoral gamma-linolenic acid therapy of human gliomas. Prostaglandins Leukot Essent Fatty
Acids 1992;45:181-4.
*6. Van der Merwe CF, Booyens J. Oral gamma-linolenic acid in 21 patients with untreatable malignancy. An ongoing pilot open
clinical trial. Br J Clin Pract 1987;41:907-15.

*7. McIllmurray MB, Turkie W. Controlled trial of gamma linolenic in Duke's C colorectal cancer. Br Med J 1987;294:1260.

*8. Ishikawa T, Fujiyama Y, Igarashi O, et al. Effects of gammalinolenic acid on plasma lipoproteins and apolipoproteins.
Atherosclerosis 1989;75:95-104.

*9. Boberg M, Vessby B, Selinus I. Effects of dietary supplementation with n-6 and n-3 long-chain polyunsaturated fatty acids on
serum lipoproteins and platelet function in hypertriglyceridaemic patients. Acta Med Scand 1986;220:153-60.

*10. Yoshimoto-Furuie K, Yoshimoto K, Tanaka T, et al. Effects of oral supplementation with evening primrose oil for six weeks on
plasma essential fatty acids and uremic skin symptoms in hemodialysis patients. Nephron 1999;81:151-9.

*11. Tamimi NA, Mikhail AI, Stevens PE. Role of gamma-linolenic acid in uraemic pruritus. Nephron 1999;83:170-1 [letter].

*12. Horrobin DF. The importance of gamma-linolenic acid and prostaglandin E1 in human nutrition and medicine. JHolistic Med
1981;3:118-39.

*13. Horrobin DF, Manku M, Brush M, et al. Abnormalities in plasma essential fatty acid levels in women with
pre-menstrual syndrome and with non-malignant breast disease. J Nutr Med 1991;2:259-64.

*14. Keen H, Payan J, Allawi J, et al. Treatment of diabetic neuropathy with gamma-linolenic acid. Diabetes Care 1993;16:8-15.

*15. Horrobin DF. Essential fatty acid metabolism in diseases of connective tissue with special reference to scleroderma and to
Sjogren's syndrome. Med Hypotheses 1984;14:233-47.

*16. Horrobin DF, Campbell A. Sjogren's syndrome and the sicca syndrome: the role of prostaglandin E1 deficiency. Treatment with
essential fatty acids and vitamin C. Med Hypotheses 1980;6:225-32.

*17. Manku MS, Horrobin, DF, Morse NL, et al. Essential fatty acids in the plasma phospholipids of patients with atopic eczema. Br J
Derm 1984;110:643.

*18. Horrobin DF. Essential fatty acids in clinical dermatology. J Am Acad Dermatol 1989;20:1045-53.

*19. Mansel RE, Pye JK, Hughes LE. Effects of essential fatty acids on cyclical mastalgia and noncyclical breast disorders. In Omega-6
Essential Fatty Acids: Pathophysiology and Roles in Clinical Medicine, ed. DF Horrobin. New
York: Alan R Liss, 1990, 557-66.

*20. Keen H, Payan J, Allawi J, et al. Treatment of diabetic neuropathy with gamma-linolenic acid. Diabetes Care 1993;16:8-15.

*21. Horrobin DF. Essential fatty acid metabolism in diseases of connective tissue with special reference to scleroderma and to
Sjogren's syndrome. Med Hypotheses 1984;14:233-47.

*22. Vaddadi KS, Gilleard CJ. Essential fatty acids, tardive dyskinesia, and schizophrenia. In Omega-6 Essential Fatty Acids:
Pathophysiology and Roles in Clinical Medicine. Horrobin DF (ed). New York: Alan R Liss, 1990, 333-43.

*23. Schalin-Karrila M, Mattila L, Jansen CT, et al. Evening primrose oil in the treatment of atopic eczema: effect on clinical status,
plasma phospholipid fatty acids and circulating blood prostaglandins. Br J Dermatol 1987;117:11-9.

*23. Glen AIM, Glen EMT, MacDonnell LEF, et al. Essential fatty acids in the management of withdrawal symptoms and tissue
damage in alcoholics, presented at the 2nd International Congress on Essential Fatty Acids, Prostaglandins and Leukotrienes,
London, Zoological Society. March 24-7, 1985, [abstract 53].






xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx