** クロロフィル ***
葉緑素*
皆さんは、
 食べものが胃で消化され、その栄養は小腸壁から血管に浸透して
 血中に入り体内を循環する、つまり吸収されること
をご存知でしょうか。


公害や車の排気ガスなどダイオキシンや有害重金属などの毒素が小腸
壁に付着、蓄積すると栄養の吸収が上手くできなくなります。
せっかく高価な栄養剤やダイエット剤を飲んでも十分に吸収されませ
んから効果は半減してしまいます。

小腸壁に付着、蓄積した前述の毒素は、食物繊維では排出できません
が、葉緑素ならしっかり抱えて排出 (小腸デトックス) してくれます。
小腸デトックス、脂肪燃焼、体内消臭作用があります。
クロロフィル
100mg 90粒
クロロフィルエキス
90粒
  

葉緑素製品はアルファルファからつくったものが多い

葉緑素を含む緑野菜には、アルファルファ、スピルリナ、クロレラ、大麦、カラス麦などがあります。
アルファルファ始め緑野菜に含まれる葉緑素は、細胞壁に包まれているので、そのまま食べても吸収されにくい性質があ
ります。
といって精製しようと細胞壁を壊して不要なマグネシウムやその他の不純物を取り除くと不安定になって分解してしまい
ます。そこで葉緑素の基本的な性質を損なわずにクロロフィル銅などのような他のミネラルと結合させて安定させてから
精製、濃縮することでアルファルファから葉緑素は製造されています。

アルファルファ
和名 : ムラサキウマゴヤシ   分類 : マメ科
学名 : Medicago sativa

生育場所と使用部分
東地中海から西アジアの地域が原産のアルファルファは、茎葉部が牧草として馬の飼い葉として
も用いられていました。牛やウサギなどのえさにも用いられます。
アルファルファの芽( 糸もやし) は食用としてサラダなど用いられ、葉はティーやサプリメント
に用いられます。

小腸デトックスと太り気味体質の解消

ある時期、葉緑素、即ちクロロフィルによる小腸デトックスがテレビで取り上げられて話題になったことがありました。
葉緑素を摂って小腸内の毒素を排出すれば、ダイエットのために摂った脂肪燃焼成分が小腸で効率よく吸収されて失敗せ
ずにダイエットできるという内容でした。

確かに、ある一面そうですが、以下に示しましたようにそれ以外の効果の方が大きいのです。
食べもの中のコレステロールや毒素を排出します。

胃や腸の蠕動運動を活発にし消化や吸収を良くしますので便秘や貧血がなくなります。
心臓や肺の働きを活性し、血行を良くして血中の酸素量を増加させ全身の新陳代謝、基礎代謝を高めます。
全身の新陳代謝、基礎代謝が高まれば、脂肪燃焼が加速しますからダイエットや減量ができることになります。
睡眠中も肺の呼吸運動で血液に取り込まれた酸素は心臓のポンプ運動で全身の細胞に供給されています。

これらの心肺運動、他の臓器、細胞も生命活動を維持するために代謝を続けていますから基礎代謝を高めることは睡眠中
にもダイエットや減量サイクルを維持できることになります。

葉緑素の健康、減量、消臭効果

現在、植物色素( ビオフラボノイド ) の研究は進んで、その機能を使用したサプリメントが販売されています。
ニンジンなどの赤い色素のカロチン(ベータカロチン)、トマトなどの赤い色素のリコペン、トウモロコシやキンセンカ
などの黄色い色素のルテインなどがあります。

葉緑素のもつ緑色色素の抗酸化作用は、ビタミンの何十倍も強力です。
葉緑素には細胞賦活作用、つまり細胞そのものを活性させ元気にする作用があります。
疲労で働きが落ちた体の臓器や器官の神経や筋肉のはたらきを回復させてくれます。
心臓のポンプ運動を大きくゆったりとした動きに改善し、心拍数を下げますから心臓のドキドキ感、不整脈などが改善さ
れます。
同時に劣化し細くなった抹消血管を拡張して血行を促進します。
心拍数が下がり血行が促進される相乗効果で高血圧が改善されます。
( 抹消血管の血行改善は基礎代謝をアップして、健康、肥りすぎを防ぎます。)

また他の臓器、胃や腸の蠕動運動を活発にしますから消化、吸収が良くなり便秘が治ります。
肺の呼吸運動が改善されますから、吸気量が増え肺から血中へ酸素供給量が増加し全身の新陳代謝が活発になり、基礎代
謝が高まります。( 新陳代謝と基礎代謝促進は、健康、ダイエットの必須要件です。)

そして葉緑素は、鉄分の摂取と同様の効果があり造血作用を向上させ貧血を治します。( 貧血は基礎代謝を下げます。)
健胃健腸作用、殺菌効果、身体の免疫を高めるインターフェロンを増やす作用があり、皮膚疾患、創傷、火傷の回復促進
作用などの働きと口臭、汗臭、足臭などの消臭作用があります。
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx