** ビタミンB群 **** *
** 思考・記憶支援 **** *
ビタミンB群は、

B1(チアミン)・B2(リボ不ラビン)・B3(ナイアシン)・B5(パントテン酸)
・B6(ピリドキシン)・B7(ビオチン)・B9(葉酸)・B12(コバラミン)

の8種類の水溶性ビタミンをいいます。

ビタミンB群は、ストレスでエネルギー生産が低下し慢性不足の状態になっている体と頭
の細胞、組織のエネルギー生産を正常にします。

その結果体と頭の新陳代謝、働きがスムーズになり、健康時のように、体はエネルギッシ
ュ、頭はスッキリ、頭の回転も良い感じになります。
記憶力のサポート粒
  

成分とそのはたらき

ビタミンB群の
B1・B2・B3・B7は、  細胞と組織の活動エネルギーの生産、
B6は、            アミノ酸の合成と代謝、
B9・B12は、        成長を担う細胞分裂、遺伝情報の転写、
B1・B6・B7・B12は、 脳の中枢神経(と体の末梢神経)機能の維持、修復(新陳代謝)を支援します。

ビタミンB群の欠乏は、貧血、倦怠感、食欲不振、腹痛、うつ病、腕や脚のしびれやうずき、筋肉のけいれん、呼
吸器感染症、脱毛症、湿疹、小児の成長不良、先天性異常を引き起こす可能性があります。
  

ビタミンB群各成分の働き
ビタミンB1(チアミン)

麦芽、全粒小麦、えんどう豆、魚、ピーナッツ、肉などに多く含まれます。
炭水化物、脂肪、およびタンパク質の分解をする酵素の補酵素として働きます。
エネルギー、アデノシン3燐酸(ATP)の生産、神経細胞の成長、機能維持に不可欠です。

一般にアルコール中毒、消化器疾患、質素な食事を摂る方、加齢でも不足します。 *1
また先天性心疾患の小児 *2 慢性疲労症候群の方も不足する可能性があります。*3, 4
また腎臓透析を受けている方は、潜在的にビタミンB1が欠乏しますから  *5  特別に補給する必要があるか
担当医師にご相談ください。

ビタミンB1はビタミンB2、ビタミンB3と共同作用しますからビタミンB群サプリメントや総合ビタミンサプリ
メントがお勧めです。
疲労回復、ストレスを和らげ、不足すると脚気、神経炎を発症することがあります。
  

ビタミンB3(ナイアシン)

ピーナッツ、醸造酵母、魚および肉などに多く含まれます。全粒穀物にも含まれます。
たんぱく質、脂肪、炭水化物、アルコールの分解、炭水化物をエネルギー、アデノシン3燐酸(ATP)に変換する
補酵素で、二日酔い、高コレステロールを緩和、口内炎などの予防、改善と皮膚、神経細胞、消化器管の代謝
に係ります。
  

ビタミンB5(パントテン酸)

肝臓、酵母およびサケなどに多く含まれます。野菜、乳製品、卵、穀物および肉などにも多少含まれます。
エネルギー生産、アミノ酸合成に係ります。
神経伝達物質アセチルコリンと脂肪を分解してビタミンDとステロイド・ホルモンからコレステロールを生産
を助けます。

また副腎線を活性します。 *11

パントテン酸の副産物パンテチンは、コレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)の血中濃度を低下させる
報告があります。

1日当たり10,000mg(10g)以下の摂取で重大な副作用の報告はありません。
それ以上大量に摂ると下痢 が起こる場合があります。

( 参 考 )

1日当たりのパントテン酸300mgとビオチン10mgを摂っていた76歳の女性が胸膜心嚢炎浸出の症状が起きた
副作用報告が1件があります。 *12  但し因果関係は定かではありません。
  

ビタミンB6(ピリドキシン)

じゃがいも、バナナ、穀類、平豆、肝臓、七面鳥、マグロなどに多く含まれます。
たんぱく質を分解してアミノ酸を合成したり、別のアミノ酸に組替える酵素を助ける補酵素の主役です。

γ-アミノ酪酸(GABA)の合成、脳の松果腺から分泌される睡眠ホルモンメラトニン、快感をつかさどる神
経伝達物質ドーパミン、過剰な興奮や衝動・抑うつ感を軽減する神経伝達物質セロトニンの合成を助けます。

マグネシウムの働きを増しますので時々一緒に取ると効果的です。

ビタミンB6を摂取してつわりに対する効果を確認する2つの二重盲検試験では、かなりつわりの症状を減少さ
せたそうです。

1日あたり50〜400mgのビタミンB6の摂取を数カ月続ける臨床試験は数多く行われており、いずれもPMSの症
状を和らげる効果が報告されています。*13,14,15,16,17,18

厳密な解析でビタミンB6を摂取したグループは偽薬グループに比べてPMSの症状が1/2以下に減少したと報
告しています。 *19

PMSに関しては、多くの医師が1日あたり100〜400mgを少なくとも3カ月以上摂取することを推奨しています

但し、妊娠、授乳中の女性は医師の管理なしで1日あたりの100mg以上を摂取しないでください。
また腎臓病、糖尿病の方も医師の管理なしで摂取しないよう注意しています。
  

ビタミンB7(ビオチン)

内臓、オートミール、卵黄、醤油、きのこ、バナナ、ピーナッツ、醸造用イーストなどに多く含まれます。
タンパク質、脂肪および炭水化物の新陳代謝で補酵素として働きます。

( 参 考 )
1日当たり8〜16 mgの大量のビオチンの摂取により糖尿病患者の血糖値を下げて、神経障害を防ぐ可能性が報
告されています。*20,21  

1日あたり2.5mgの大量のビオチンを摂取する臨床試験でダメージ爪のグループの2/3の人に改善効果があっ
たと報告されています。*22

  

ビタミンB9(葉酸)

葉野菜、豆類、レバーなどに多く含まれます。
葉酸はビタミンB12と共に赤血球中の核酸、遺伝情報の蓄積・保存を担う核酸(DNA)、情報処理を担うリボ
核酸(RNA)の合成やたんぱく質の合成を担う酵素の補酵素として働きます。

したがって胎児の成長(細胞の分裂・増殖・成熟)や免疫体などの増殖には必要です。
葉酸欠乏は、口内炎、舌炎、貧血、脳梗塞、認知症、骨粗鬆症の発症リスクが高くなります。
  

ビタミンB12(コバラミン)

卵、肉、家禽、魚などに多く含まれます。
赤血球の中の核酸(DNA)を合成する葉酸の働きを助け、気分を高揚させる物質SAMe(SアデノシルLメチオ
ニン)の生産をする酵素の働きを助ける補酵素です。神経細胞の核酸や、たんぱく質、脂質の合成を補助、修復
して精神安定、集中力、記憶力向上などに係ります。

また葉酸とビタミンB6と共に骨粗鬆症やアルツハイマー、心筋梗塞、脳梗塞のリスクを増加させるホモシステ
インレベルが過剰にならないようにコントロールする働きや葉酸と共に悪性貧血(頭痛、めまい、吐き気、動
悸、息切れ、舌の痛み、味覚の低下、食欲不振、消化不良、下痢など)を予防する働きをします。

ビタミンB12不足はイライラや無気力、集中力と記憶力低下、さらに手足のしびれ、痛みなどが起こる原因に
なります。
  

参考資料

*1. Wilkinson TJ, Hanger HC, George PM, Sainsbury R. Is thiamine deficiency in elderly people related to age or co-morbidity
Age Ageing 2000;29:111-6.

*2. Shamir R, Dagan O, Abramovitch D, et al. Thiamine deficiency in children with congenital heart disease before and after
corrective surgery. JPEN J Parenter Enteral Nutr 2000;24:154-8.

*3. Heap LC, Peters TJ, Wessely S. Vitamin B status in patients with chronic fatigue syndrome. J R Soc Med 1999;92:183-5.

*4. Grant JE, Veldee MS, Buchwald D. Analysis of dietary intake and selected nutrient concentrations in patients with chronic
fatigue syndrome. J Am Diet Assoc 1996;96:383-6.

*5. Hung SC, Hung SH, Tarng DC, et al. Thiamine deficiency and unexplained encephalopathy in hemodialysis and peritoneal
dialysis patients. Am J Kidney Dis 2001;38:941-7.

*6. Bhat KS. Nutritional status of thiamine, riboflavin and pyridoxine in cataract patients. Nutr Rep Int 1987;36:685?92.
26.Prchal JT,
Conrad ME, Skalka HW. Association of presenile cataracts with heterozygosity for galactosaemic states and with riboflavin
deficiency. Lancet 1978;1:12?3.

*7.Prchal JT, Conrad ME, Skalka HW. Association of presenile cataracts with heterozygosity for galactosaemic states and
with riboflavin deficiency. Lancet 1978;1:12-3.

*8.Varma RN, Mankad VN, Phelps DD, et al. Depressed erythrocyte glutathione reductase activity in sickle cell disease. Am
J Clin Nutr 1983;38:884-7.

*9.Wacker J, Fruhauf J, Schulz M, et al. Riboflavin deficiency and preeclampsia. Obstet Gynecol 2000;96:38-44.

*10.Heap LC, Peters TJ, Wessely S. Vitamin B status in patients with chronic fatigue syndrome. J R Soc Med 1999;92:183-5.

*11.Fidanza A. Therapeutic action of pantothenic acid. Int J Vitam Nutr Res 1983;suppl 24:53-67 [review].

*12.Galeone F, Scalabrino A, Giuntoli F, et al. The lipid-lowering effect of pantethine in hyperlipidemic patients: a clinical
investigation. Curr Ther Res 1983;34:383-90.

*13.Barr W. Pyridoxine supplements in the premenstrual syndrome. Practitioner 1984;228:425-7.

*14.Gunn ADG. Vitamin B6 and the premenstrual syndrome. Int J Vitam Nutr Res 1985;Suppl 27:213-24 [review].

*15.Kleijnen J, Riet GT, Knipschild P. Vitamin B6 in the treatment of the premenstrual syndrome?a review. Br J Obstet
Gynaecol 1990;97:847-52 [review].

*16.Williams MJ, Harris RI, Deand BC. Controlled trial of pyridoxine in the treatment of premenstrual syndrome. J Int Med
Res 1985;13:174-9.

*17.Brush MG, Perry M. Pyridoxine and the premenstrual syndrome. Lancet 1985;i:1399 [letter].

*18.Hagen I, Nesheim B-I, Tuntland T. No effect of vitamin B6 against premenstrual tension. Acta Obstet Gynecol Scand
1985;64:667-70.

*19.Wyatt KM, Dimmock PW, Jones PW, Shaughn O’Brien PM. Efficacy of vitamin B-6 in the treatment of premenstrual
syndrome: systematic review. BMJ 1999;318:1375-81.

*20.Coggeshall JC, Heggers JP, Robson MC, Baker H. Biotin status and plasma glucose in diabetics. Ann NY Acad Sci
1985;447:389-93.

*21.Koutsikos D, Agroyannis B, Tzanatos-Exarchou H. Biotin for diabetic peripheral neuropathy. Biomed Pharmacother
1990;44:511-4.

*22.Hochman LG, Scher RK, Meyerson MS. Brittle nails: response to daily biotin supplementation. Cutis 1993;51:303-5.








xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx