**  アシュワガンダ  **

アシュワガンダエキス
450mg 90粒
(税込)

アシュワガンダエキス
300mg 120粒
(税込)

 
- 1 -
学名 : withania somnifera
分類 : ナス科 セキドメホウズキ属
和名 : セキドメホウズキ

抗ストレス、気分・気力アップ
免疫力アップ
認知機能の維持
アーユルベーダ・アダプトゲン

心身の受けるストレスが多い現代社会では、生活習慣病や老化の加速、脳神経の不調、認知症などの発症リスクが増しています。

これらのストレスを抑えるアシュワガンダサプリメントは注目を集めています。

3000年以上インドのアーユルベーダで重要な生薬として使用されてきたアシュワガンダは、 幸福感、ストレスの解消、神経保護効果などがあると言われています。
- 2 -
★概要
アシュワガンダは、インド大陸原産で、インド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュなどの中東地域に生育します。商用にはインド、北米の高地乾燥地帯、北アフリカ、中東などで栽培されます。
緑がかった黄色い花、赤橙色の実を付ける0.3~1.5m高の常緑低木です。葉、種、根が生薬に使用されます。
現在
■うつや不安感の改善
■神経疲労、慢性疲労、病後の滋養、不眠症、放射線や化学療法患者、低白血球数患者の免疫活性
などの治療に使用されています。

★アシュワガンダの伝統療法
サンスクリット語でアシュワガンダは"馬"、"匂い"を意味します。白っぽい茶色の根の匂いが馬の匂いに似てることに由来します。
- 3 -
種馬の強さと活力を与え病後の滋養と回復、強壮、媚薬、若返りの支援をすると言われます。
ホルモンや免疫システムのバランスを保ち、必要なホルモン前駆体を提供して男女の生理調節をして、機能亢進時は器官の働きを抑え、逆に機能が低下時は器官の働きを強め最適な体調にします。

■昔から収れん、性欲増強、催淫、肝機能活性剤、抗炎症剤として使用され、近年は、気管支炎、喘息、潰瘍、衰弱、不安、ストレス、疲労、不眠症、老人性認知症などの治療に用いられます。

★人での臨床検証
アシュワガンダ研究者により、十分に完全性を考慮しながら行われた人への抗ストレス臨床検証試験で、
■体力増加、疲労減少、睡眠の質の向上、幸 福感などが得られた    
- 4 -
■ストレスホルモンコルチゾールレベル 26%低下
■空腹時血糖値の低下、脂質の改善
が確認されています。*1
またパーキンソン病標準モデルを用いた最新研究では、アシュワガンダエキスが、パーキンソン病の神経変性パラメータ全てを好転させました。*2
■1年間の健康な50〜59歳の男性101人にアシュワガンダを1日3gを与えた二重盲検臨床試験の結果として
   コレステロール値降下
   爪のカルシウム
   血沈(赤血球沈降)速度の改善
   71.4%の人達の性能力改善
効果が報告されました。*3
■30日間の高コレステロール、Ⅱ型糖尿6人の患者に、アシュワガンダ抽出パウダーを経口摂取させた小規模な臨床試験の結果として
   血糖値の改善、利尿
- 5 -
   コレステロール値の改善
   中性脂肪値の改善 
効果がが報告されました。*4

驚いたことに以前、アシュワガンダエキスが、脳神経組織に含まれるアセチルコリンエステラーゼ酵素を阻害し破壊すると言われていた時期がありました。
アシュワガンダは、ウインターチェリー、インド人参の名で呼ばれす。アーユルヴェーダでトラウマ、不安、肉体疲労などの抗ストレスアダプトゲンNo.1のハーブです。
現在は、アシュワガンダエキスは、アリセプトなどの治療薬として、アルツハイマー治療に用いられ、病気の進行を遅らせるかなりの効果を発揮しています。
アシュワガンダエキスの抗うつ作用、抗癌作用、科学治療による白血球減少
の改善、抗炎症、パーキンソン病などに関する研究は現在も進行中です。
- 6 -
研究の中には、アシュワガンダエキスが怪我による脳損傷、認知症やアルツハイマー病などの人達の神経細胞ネットワーク破壊による認知機能低下の改善に貢献するかも知れないものもあります。
損傷を受けた試験モデルで、神経細胞の軸索や樹状突起再生、シナプスを活性して神経細胞間の信号伝達をスムーズにする。*5
また正常脳神経細胞、損傷脳神経細胞のどちらでも脳神経細胞の成長を支援する。*6
などこれらの報告は、認知症とアルツハイマー病、変性疾患治療の可能性を示唆して注目されています。

★安全性
3,000年の歴史のあるアーユルベーダは、アダプトゲンで安全性に問題は考えられません。動物での毒性試験でも安全性が報告されています。
- 6 -
★参考資料

1. Unpublished study, 2005. NutrGenesis, LLC.
2. Ahmad M, Saleem S, Ahmad AS, et al. Neuroprotective effects of Withania somnifera on 6-hydroxydopamine induced Parkinsonism in rats. Hum Exp Toxicol. 2005 Mar;24(3):137-47.
3. Jain S, Shukla SD, Sharma K, Bhatnagar M. Neuroprotective effects of
Withania somnifera Dunn. in hippocampal sub-regions of female albino rat.
Phytother Res. 2001 Sep;15(6):544-8.
4. Bhattacharya SK, Bhattacharya A, Sairam K, Ghosal S. Anxiolytic-antidepressant activity of Withania somnifera glycowithanolides:an experimental study. Phytomedicine. 2000 Dec;7(6):463-9.
5. Tohda C, Kuboyama T, Komatsu K. Dendrite extension by methanol extract of Ashwagandha (roots of Withania somnifera) in SK-N-SH cells.

.6. Tohda C, Kuboyama T, Komatsu K. Search for natural products related
to regeneration of the neuronal network. Neurosignals. 2005;14(1-2):34-45.