miniken.com

  ** 米国でのアシュワガンダについての評価 ****
( セキドメホウズキ根エキス )** *
   ☆ 一般名 : セキドメホウズキ
   ☆ 一般名 : Winter Cherry、 Indian Ginseng
   ☆ 一般名 : Withania
   ☆ 科、属 : ナス科 セキドメホウズキ属
   ☆ 学名 : withania somnifera アシュワガンダエキス 450mg
90ベジタブルカプセル
 
アシュワガンダは、 ストレス解消、神経保護などいろいろな効果を
もつとされて3000年以上インドのアーユルベーダ医療で重要な生薬
として使用されています。

アシュワガンダは、うつ病や不安感の治療薬に匹敵する緩和特性を
有するとされています。優れた神経系の保護作用があり、アルツハ
イマーやパーキンソンなど様々な疾患、脳機能疾患の代替治療に、
抗酸化作用は抗ガンのはたらきも期待され研究されています。


近年、脳機能改善、免疫力強化、抗炎症作用などの効果が検証され
臨床試験や動物研究では、不安、認知および神経疾患、炎症、パ
ーキンソン病にアシュワガンダが使用されています。


また放射線や化学療法を受けている患者の副作用の防止に、アシュ
ワガンダの化学予防特性は、有益な支援をします。

更にストレスによる神経疲労、慢性疲労、病後の衰弱患者、不眠症
、低白血球数の患者に対して免疫刺激アダプトゲンとして治療に使
用されます。
アシュワガンダエキス 300mg
120ベジカプセル
アシュワガンダパウダー
エキス 570mg 60錠
  

アシュワガンダの産地と使用部分

インド大陸原産。インド大陸からパキスタン、スリランカ、バングラデシュなどの中東地域に分布します。
現在はインド、北米の高地乾燥地帯、北アフリカ、中東などで栽培されています。緑がかった黄色い花、赤橙色の実を付
ける0.3~1.5m高さの常緑の低木で葉、種、ニンジンに似た長くて太い根が生薬に使用されます。
  

ストレス緩和、神経系の保護と再生

アシュワガンダ抽出物は、不安感やうつ病の市販治療薬に匹敵する緩和特性を有します。神経系の保護作用に優れ、アル
ツハイマーやパーキンソンなど様々な神経系の疾患、脳機能疾患の代替治療にも有効だとされています。

アシュワガンダ抽出物には、強力な抗酸化作用があり、体内に発生する活性酸素を破壊して老化やいろいろな疾患の発生
リスクを減少させたり、抗がん作用も知られています。

例えば、アシュワガンダ抽出物を使用した不安感やうつ病治療の研究では、いくつかの抗精神薬や抗うつ薬と同様の効果
をもっていることが実証されています。
具体的には、アシュワガンダ抽出物の5日間の経口摂取により抗精神薬ロラゼパム(Ativan(R))と同等の不安を緩和する
効果が確認されており、また抗うつ処方薬イミプラミン(Tofranil(R)).1と同等の抗うつ効果が確認されてます。*1

身体や精神的なストレスは、抗酸化酵素カタラーゼやグルタチオンペルオキシダーゼを消費を増やし備蓄が減少すること
抗酸化作用による脂質の酸化が進行する状態になります。
日頃のストレスを受ける1時間前にアシュワガンダ抽出物を摂取する実験で、上述のパラメータ、カタラーゼやグルタチオ

ンペルオキシダーゼの減少を防いで抗酸化作用による損傷を防ぐ効果が確認されています。 *2

慢性的な神経の緊張による早期老化の進行には、酸化ストレスの増加が関連していることから、アシュワガンダ抽出物の
抗酸化作用により予防できます。
これらの結果から、研究者たちは、アシュワガンダ抽出物を抗ストレス剤として臨床使用できるだろうといっています。

他の研究者らも、慢性ストレス緩和にアシュワガンダ抽出物の効果を認めています。
顕著な例として、慢性的ストレスに受けていたと考えられる屠殺された動物の脳の検査をした動物研究では、脳細胞の
85%が変性の徴候が観測されました。慢性的にストレスを受けている動物にアシュワガンダを投与することで変性脳細胞
の数が80%減少したという驚くべき結果が得られたと報告しています。
脳細胞の変性は、認知症など認知機能の低下につながる可能性のある変性脳細胞の数が増加する疾患と同タイプのもので
す。*3

これまでにアシュワガンダの標準化抽出物を使用した最も完全なヒト臨床試験の一つでは、ストレスホルモンのコルチゾ
ールのレベルの上昇を抑える効果が報告されています。
現在ストレスの影響の多くは、コルチゾールレベルを上昇させると考えられていますが、ヒト臨床試験の結果は期待でき
る結果となっています。臨床試験を受けた被験者たちからは、エネルギー増、疲労減少、質の良い睡眠、幸福感の増加の
報告がありました。
被験者は最大26%のコルチゾールレベルの低下、空腹時の血糖値の低下、脂質の改善などいくつかの改善データが観測さ
れました。
これらのヒト臨床試験の結果から、アシュワガンダ抽出物には、現代社会で発生している健康問題、心理的問題の多くに
有効な効果があることが明らかです。*4

日本の富山医科薬科大学自然医学研究所では過去5年間にわたりアシュワガンダのもつ脳に対する有効な効果について広範
な調査を実施しています。
研究所では、人間の脳の検証モデルで神経細胞の軸索と樹状突起の再生を促進する方法を模索しています。
これらのの研究から、物理的外傷による脳損傷を被っている人だけでなく、認知症やアルツハイマー病などの疾患から神
経細胞ネットワークの破壊により認知機能の低下に苦しむ人たちを救う方法が見つかるかもしれません。

損傷を受けた神経細胞と神経障害性シグナル伝達経路の検証モデルを使用して、研究者たちは、アシュワガンダ抽出物が
軸索と神経細胞の樹状突起の再生をサポートするはたらきを確認しています。

また、アシュワガンダ抽出物が、シナプスの再構築、神経細胞ネットワークの追加を促進することを検証した 研究者たち
は、アシュワガンダ抽出物がアルツハイマー病など神経変性疾患などの治療促進、神経系のネットワークの再構築を促進
するはたらきをすると結論を述べています。*5

同機関での関連研究では、アシュワガンダ抽出物が、神経細胞の樹状突起の成長を支援すると報告しています。
この報告は、アシュワガンダ抽出物が、認知症による脳組織の疾患を癒すはたらきをすることを示唆しています。*6

最後に3番目に公開された研究報告では、アシュワガンダ抽出物は脳細胞の機能を健康にするだけではなく、神経細胞のは
たらきを活性すること、正常な神経細胞の成長、損傷した神経細胞の機能再生を促進するはたらきがあると報告していま
す。*7

これらの報告は、アシュワガンダ抽出物が、ヒトにおける神経変性疾患、認知症とアルツハイマー病の症状を緩和して癒
す希望を与えてくれます。
上述したように、現段階では脳の物理的な再成長を促進するアシュワガンダの能力の研究が始まったばかりです。

また、アシュワガンダ抽出物は現在のところ治療法のないパーキンソン病やアルツハイマー病などの慢性神経疾患の治療
に有望です。

ヒトのパーキンソン病の標準化されたモデルを用いた最近の研究では、アシュワガンダ抽出物は、有意かつ用量依存的に
パーキンソン型神経変性のすべてのパラメータを好転させたという報告があります。 *8

驚いたことに、過去の研究で、アシュワガンダ抽出物が、脳の重要な化学伝達物質の一つアセチルコリンエステラーゼを
破壊する酵素のはたらきを阻害することがわかっています。
現在アルツハイマー病の治療に用いられるアリセプトなどの治療薬は、恐ろしい精神的な機能疾患の進行を遅らせる作用
をします。*9
  

強力な抗癌作用の効果

アシュワガンダ抽出物につきましては、神経保護効果が知られていますが、最近特に目を引く研究報告によると癌細胞の
成長を停止する可能性が報告されています。
例えば、最近の研究報告を分析すると、アシュワガンダ抽出物が、人の乳癌、肺癌細胞の増殖を阻害すること、試験管研
究によると結腸癌細胞株の増殖を阻害することが示唆されています。

この癌細胞株の増殖を阻害するアシュワガンダ抽出物のはたらきは、一般的な癌治療薬ドキソルビシン(CaelyxR、
MyocetR)に匹敵するといわれています。
実際に研究者は、アシュワガンダから抽出された特定の化合物ウイズファヘリン A (withaferin A)は、乳癌および結腸癌
細胞の増殖を阻害するはたらきがありドキソルビシン(CaelyxR、MyocetR)より効果があると報告しています。 * 11、
* 14

アーユルベーダ本家のインドの科学者は最近、アシュワガンダ抽出物が癌発生を抑制する 、つまり癌細胞の再生する能力
を破壊することを示唆する実験研究の報告をしています。実験分析では、アシュワガンダ抽出物が癌細胞が成長するため
に新しい血管を形成することを阻止する、癌を予防する抗癌細胞の血管形成を阻止する報告がされています。
これらの結果は、アシュワガンダ抽出物が癌発生を抑制する能力があることを示唆しています。 * 15
この分野の研究は継続して行われる予定です。

他の胃癌を発症させた動物にアシュワガンダ抽出物を経口投与した試験では顕著な抗癌作用を示しました。
腫瘍の発生率は60%減少、 多重腫瘍の発生率は92%減少しました。
同様に皮膚癌を発症させたげっ歯類モデルににアシュワガンダ抽出物を経口投与した試験では腫瘍の発生率は45%減少、
多重腫瘍の発生率は71%減少しました。 * 16
他にも皮膚癌に対するアシュワガンダの抗癌作用の研究報告があります。 * 17
最近行われたリンパ系に癌を発症させた動物にアシュワガンダ抽出物を経口投与した試験では腫瘍重量の減少と、延命効
果が確認されました。 * 18
この結果は、アシュワガンダ抽出物が癌を発症した患者の生存率を向上させることを示唆する報告です。
  

アシュワガンダの有効成分

科学者たちは、アシュワガンダ抽出物のもつ効果のいくつかは、その抗酸化作用、フリーラジカルを除去する能力に由来
すると推測しています。 * 10

アシュワガンダ根の主要成分は、ステロイドアルカロイドとステロイドラクトンのウィタノリドと呼ばれる成分です。
現在12種類のアルカロイドと35種類のウィタノリドが特定されて研究されています。
アシュワガンダの主要な活性成分は、Aウィタノリドフェリン(A withaferin)とD ウィタノリド(D withanolide)二つの成
分です。* 11

他のアシュワガンダ抽出物を使用した研究で、アシュワガンダ抽出物がサルモネラ菌など食中毒に関連する細菌に対する
抗菌特性があることがわかっています。これらの研究は、細胞培養ならびに感染実験動物で実証されたものです。 *12

更にアシュワガンダ抽出物には、アシュワガンダを投与しないマクロファージ対照群とアシュワガンダ根エキスを投与し
たマクロファージの対照群の比較で、病原体を「食べる」するマクロファージの免疫細胞の能力が高まる結果がわかって
います。 *13
  


また、アシュワガンダ抽出物は癌の化学療法の補助として使用することができます。化学療法を続ける副作用の一つとして
、好中球と呼ばれる白血球の減少により感染症のリスクが大きくなります。

動物試験では、アシュワガンダ抽出物の経口投与により、好中球の減少を防ぐ効果があり、感染症を予防する実証されてい
ます。

更にヒトでの試験が必要ですが、これらの結果はアシュワガンダ抽出物は癌の化学療法の補助療法に使用できることを示唆
しています。 * 19

他の動物実験でも、化学療法の副作用を防ぐアシュワガンダ抽出物の効果について検討されています。

動物実験では、一般的な癌の化学療法の受けた場合の副作用として免疫因子インターフェロン-γおよびインターロイキン2の
レベル低下が確認されています。

アシュワガンダ抽出物を経口投与して癌の化学療法の受けた動物試験の場合には、免疫因子インターフェロン-γおよびイン
ターロイキン2のレベル低下は確認されています。

これらの結果は、アシュワガンダ抽出物が癌の化学療法での治療中に免疫機能を保護するという考えをサポートします。
* 20
  

結論

日常生活での慢性的なストレスは私たちの体や精神にダメージを与えます。
いろいろな変性疾患や早期老化は慢性的な神経の緊張に関連してることが多いといわれています。

安全で効果的な予防法で、私たちの神経系のストレスのダメージを防ぐ必要があるのです。
アシュワガンダ抽出物は、抗不安および神経系の保護効果が実証されており、食欲増進効果もありますからストレスのダメ
ージを防いでくれます。最近の研究ではアシュワガンダ抽出物には抗癌あるいは抗がん剤など化学療法の副作用防ぐはたら
きも注目されています。

動物を使用した毒性試験では、アシュワガンダは安全で効果の高いハーブであることが報告されています。 *21
  

アシュワガンダの安全性

3,000年の間使用されてきた歴史のあるアーユルベーダは、アダプトゲンであり安全性に問題は考えられません。
動物での毒性試験でアシュワガンダの安全性が報告されています。 *21

参考資料

*1. Bhattacharya SK, Bhattacharya A, Sairam K, Ghosal S. Anxiolytic-antidepressant activity of Withania somnifera
glycowithanolides: an experimental study. Phytomedicine. 2000 Dec;7(6):463-9.

*2. Bhattacharya A, Ghosal S, Bhattacharya SK. Antioxidant effect of Withania somnifera glycowithanolides in chronic footshock
stress-induced perturbations of oxidative free radical scavenging enzymes and lipid peroxidation in rat frontal cortex and striatum. J
Ethnopharmacol. 2001 Jan;74(1):1-6.

*3. Jain S, Shukla SD, Sharma K, Bhatnagar M. Neuroprotective effects of Withania somnifera Dunn. in hippocampal sub-regions of
female albino rat. Phytother Res. 2001 Sep;15(6):544-8.

*4. Unpublished study, 2005. NutrGenesis, LLC.

*5. Kuboyama T, Tohda C, Komatsu K. Neuritic regeneration and synaptic reconstruction induced by withanolide A. Br J Pharmacol.
2005 Apr;144(7):961-71.

*6. Tohda C, Kuboyama T, Komatsu K. Dendrite extension by methanol extract of Ashwagandha (roots of Withania somnifera) in
SK-N-SH cells. Neuroreport. 2000 Jun 26;11(9):1981-5.

*7. Tohda C, Kuboyama T, Komatsu K. Search for natural products related to regeneration of the neuronal network. Neurosignals.
2005;14(1-2):34-45.

*8. Ahmad M, Saleem S, Ahmad AS, et al. Neuroprotective effects of Withania somnifera on 6-hydroxydopamine induced
Parkinsonism in rats. Hum Exp Toxicol. 2005 Mar;24(3):137-47.

*9. Choudhary MI, Yousuf S, Nawaz SA, Ahmed S, Atta uR. Cholinesterase inhibiting withanolides from Withania somnifera. Chem
Pharm Bull (Tokyo). 2004 Nov;52(11):1358-61.

*10. Govindarajan R, Vijayakumar M, Pushpangadan P. Antioxidant approach to disease management and the role of ‘Rasayana’
herbs of Ayurveda. J Ethnopharmacol. 2005 Jun 3;99(2):165-78.

*11. Anon. Monograph. Withania somnifera. Altern Med Rev. 2004 Jun;9(2):211-4.

*12. Owais M, Sharad KS, Shehbaz A, Saleemuddin M. Antibacterial efficacy of Withania somnifera (ashwagandha) an indigenous
medicinal plant against experimental murine salmonellosis. Phytomedicine. 2005 Mar;12(3):229-35.

*13. Davis L, Kuttan G. Immunomodulatory activity of Withania somnifera. J Ethnopharmacol. 2000 Jul;71(1-2):193-200.

*14. Jayaprakasam B, Zhang Y, Seeram NP, Nair MG. Growth inhibition of human tumor cell lines by withanolides from Withania
somnifera leaves. Life Sci. 2003 Nov 21;74(1):125-32.

*15. Mathur R, Gupta SK, Singh N, et al. Evaluation of the effect of Withania somnifera root extracts on cell cycle and angiogenesis. J
Ethnopharmacol. 2006 Jan 9.

*16. Padmavathi B, Rath PC, Rao AR, Singh RP. Roots of Withania somnifera inhibit forestomach and skin carcinogenesis in mice.
Evid Based Complement Alternat Med. 2005 Mar;2(1):99-105.

*17. Mathur S, Kaur P, Sharma M, et al. The treatment of skin carcinoma, induced by UV B radiation, using 1-oxo-5beta,
6beta-epoxy-witha-2-enolide, isolated from the roots of Withania somnifera, in a rat model. Phytomedicine. 2004 Jul;11(5):452-60.

*18. Christina AJ, Joseph DG, Packialakshmi M, et al. Anticarcinogenic activity of Withania somnifera Dunal against Dalton’s ascitic
lymphoma. J Ethnopharmacol. 2004 Aug;93(2-3):359-61.

*19. Gupta YK, Sharma SS, Rai K, Katiyar CK. Reversal of paclitaxel induced neutropenia by Withania somnifera in mice. Indian J
Physiol Pharmacol. 2001 Apr;45(2):253-7.

*20. Davis L, Kuttan G. Effect of Withania somnifera on cytokine production in normal and cyclophosphamide treated mice.
Immunopharmacol Immunotoxicol. 1999 Nov;21(4):695-703.

*21. Aphale AA, Chhibba AD, Kumbhakarna NR, Mateenuddin M, Dahat SH. Subacute toxicity study of the combination of ginseng
(Panax ginseng) and ashwagandha (Withania somnifera) in rats: a safety assessment. Indian J Physiol Pharmacol. 1998
Apr;42(2):299-302.
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx