miniken.com
 

   
 
** リンゴ酢 **
( アップルビネガーサイダー )
紀元前5000年頃にグレープジュース、ワインなどを放置しておくと酢に変わることから酢が発見されたと言われています。

もともと食品の防腐剤として使用されていましたが、その後医療に使用されるようになりました。 ヒポクラテスは、創傷の治療に使用し、1700年代になるとつたうるしかぶれ、胃痛と喉頭炎、糖尿病の治療に使用されました。 *1

フランス語で「酸っぱいワイン」を意味する酢は、ブドウ、ナツメヤシ、ココナッツ、ジャガイモ、ビート、そして当然、りんごを発酵させることからできます。実際にはいろいろな炭水化物から製造されます。

長時間の発酵工程を経て製造される酢には、伝統的に強力な抗酸化剤、抗菌剤として活用されており、他にも酢酸、没食子酸、カテキン、エピカテキン、カフェ酸など多くの有効成分、生物活性成分が豊富です。
リンゴ酢 450mg
180カプセル
リンゴ酢 300mg
250錠
 
酢母入り有機リンゴ酢 473ml
 
 

 
   
酵母入りリンゴ酢  
ゼネラル医学ビュー *2 で論説されているように 「一般にワイン酢の製造は従来ゆっくり発酵させる方法が使用されています。数週間または数ヶ月かけてゆっくりとした発酵過程で液体の表面上に酢酸菌が成長し培養されます。 長い発酵期間中、酢のマザーとして呼ばれている酵母や酢酸菌など非毒性の粘着性物質が蓄積されていきます。」

低温殺菌、濾過をせず数ヶ月かけて製造される蜘蛛の巣状のアミノ酸系物質酵母(マザー)を含む製品が最高品質のリンゴ酢とされています。

ほとんどのメーカーは、低温殺菌し、濾過してアミノ酸系物質酵母を取り除いていますが、酵母入りの「濁り酒のような」リンゴ酢ばリンゴ酢の中でも特に最高品質となります。

勿論調理用としても使用できますが、健康のため、クリーニング、庭の手入れ、衛生面など多用途に使用されています。
実際水差しに入れたリンゴ酢は、使いやすく経済的で汎用性の高い健康維持のためまた治療にも使用されています。
ご家庭でのご利用をお勧めします。
 

 
リンゴ酢の健康用途  
米国内では酢の摂取による健康効果を示す公式なガイドラインはありませんが、一部の人達の口コミ情報では朝食前や朝食中に水で薄めた酢をカップで飲むことで健康上の利益を記述しています。
リンゴ酢の研究で適量摂取ではリスクが低く健康上の効果がいくつか公開されています。
 

 
★糖尿病  
リンゴ酢には、抗高血糖特性があり、血糖値のコントロールに有効です。これは酢中の酢酸の胃内容排出を加速または身体組織によるグルコースの取り込みを増加させることのいずれかによって達成される複合糖質の完全な消化を防止することにより血糖値を低下させることができると考えています。* 3

これは、リンゴ酢の酢酸成分が普段の食事で摂取する複合糖質の完全消化を防止することと胃の消化を加速し身体組織がグルコースの取り込みを増加させることができることのいずれかのはたらきで血糖値を下げると考えられています。* 3

一説では、リンゴ酢は、小腸で食事から摂る糖分などの栄養素の糖質転換を遅らせ血流に乗せる、つまり炭水化物を糖分に分解する消化酵素のはたらきの一部を不活性化するのかも知れないと言われています。
このはたらきは、あなたの血液中の糖の急増加を防いで血糖値を下げるはたらきを持続させます。またかなりの研究リポートで糖尿病の治療に酢の使用をサポートしています。

ある研究では、酢の摂取でU型糖尿病の治療を受けている患者の19%、疑似糖尿病の人の34%のインスリン感受性を改善されることがわかりました。 * 4

U型糖尿病患者に就寝前リンゴ酢大さじ2杯を与える別の研究では、翌朝血糖値を最大で6%低下させました。 * 5
 

 
心臓病  
食品科学ジャーナルで開設されているように、酢は、複数の方法で心臓の健康をサポートしています。:6

"リンゴr酢成分中に高濃度で含まれるクロロゲン酸などのポリフェノールは、動脈硬化を引き起こす強力な危険因子で「悪玉コレステロール」とも呼ばれるLDLコレステロールの増加を抑制し、コレステロールレベルを正常にして心血管疾患を予防できます。"

実験用ラットに酢を与えるある研究では、コレステロールレベルを低下させることが報告されています。*7
別の実験用ラットに酢を与える研究では、酢成分の酢酸が血圧のレベルが低下させることがわかりました。 *8

酢を与える動物試験で、トリグリセリドレベルおよび血漿中の超低密度リポタンパク質(VLDL),コレステロールレベルの異常を減少させることが報告されています。*9
 

 
★ダイエット  
食前に酢をとることで以前より少ない食事量で満腹感を与え、食事量を減らすことでダイエット効果をサポートするとされています。
少量の酢を飲んで高炭水化物の食事(ベーグル、ジュース)をとる人による実験では、食事量が減りました。

1日約200〜275カロリー、最大680gの毎月のダイエット、体重減少をもたらすといわれています。 *10
 

 
★鼻づまり  
リンゴ酢はあなたの副鼻腔の粘膜を減らし鼻づまり予防をサポートします。
またリンゴ酢には抗菌特性があり感染症を予防します。
 

 
★喉の痛み  
リンゴ酢の抗菌特性は喉の痛み止めにも有効です。必要に応じて暖かい水にリンゴ酢を混ぜた約3分の1カップの混合水でうがいをしてください。
 

 
★消化および酸逆流防止  
典型的な酸逆流症は、胃酸が少なすぎることが原因です。
未濾過の酵母を含むリンゴ酢を水に混ぜて毎日1杯を飲むことで胃酸含有量を向上させることができます。
またリンゴ酢のペクチン成分は腸の痙攣を和らげるのに役立つことがあります
 

 
★肌への刺激  
リンゴ酢は、虫刺され、日焼け、ツタウルシかぶれなどさまざまな皮膚の病気に有効に働きます。
患部に直接塗るか、風呂の中に約一杯の酢をいれて入浴してみてください。
 

 
★いぼ  
リンゴ酢には高レベルの酢酸が含まれていますのでいぼの除去をサポートします。 *12
毎晩酢を含ませたコットンをいぼの箇所に貼ってみてください。 エネルギーブースト リンゴ酢は疲労を追放するのに役立つカリウムおよび酵素を含んでいます。
さらに、そのアミノ酸は、さらに疲労を防止する、あなたの体中の乳酸の蓄積を防ぐのに役立つことがあります。
 

 
★エネルギー  
リンゴ酢はカリウムおよび酵素成分疲労回復をサポートします。
さらにアミノ酸成分は、体内に乳酸の蓄積を防いで疲労の防止に役立ちます。*13
 

 
★家庭での使用  
お好みで果物を発酵して作られたリンゴ酢、白酢を蒸留して家庭で使用できます。
 
a抗菌特性  
抗菌特性をもつ酢は最高の天然洗浄剤の一つです。
食品に添加して使用すると、酢に含まれる有機酸(特に酢酸)は、細菌を殺すために細胞膜に入ります。 酢で発酵させた食品には、酢酸、乳酸、アスコルビン酸、クエン酸、リンゴ酸、プロピオン酸、コハク酸、及び酒石酸などの有機酸成分を含み天然の抗菌特性を持っています。
ある研究では、酢の酢酸成分が大腸菌O157:H7を殺す作用があることがを発見されています。
他の研究は、例えば酢酸、レモン汁、またはレモンジュース、酢の組み合わせのような物質がサルモネラ菌に対して有効であることが報告されています。*14
 
a雑草の処理  
酢は庭の雑草処理にも使用可能です。土壌ドクターとして知られているハワード・ギャレット(このスプレーは、噴霧された植物を枯らします)のように酢は除草剤として使用できます。

除草剤のレシピ:
 酢10%(65mg 100カプセル) 3.785リットル
 オレンジ油またはd-リモネン 30cc
 好みで蜂蜜 大さじ1杯
 液体石鹸または界面活性剤 小さじ1杯
 水は入れないでください
 
a消臭  
リンゴ酢をうつわに入れて家の中に置いておくと消臭の役に立ちます。
 

 
★美容と衛生面  
浴室用のキャビネットにいくつかリンゴ酢を保管してください。
 
aヘアーリンス  
リンゴ酢は、使髪に残っているシャンプーや汚れを落として頭皮のpHレベルのバランスをはとります。
リンゴ酢1/3カップを水4カップと混合し週1回リンスとして試してみてください。

フケについては、週2回リンゴ酢と水を等量混合してto頭皮に噴霧してto頭の周りにタオルをまいて1時間ラップしその後よく洗い流してください。 * 15

コットンボールに希釈したリンゴ酢は、吹き出物を防ぐために、単純な顔のトナーやクレンザーを行います。それも、あざが速くフェードアウトするのに役立つかもしれません。 デオドラント リンゴ酢は、臭いの原因となる細菌を殺すので、天然消臭のためにあなたの腕の下にビットを軽くたたくことができます。 口腔衛生 希釈したリンゴ酢でうがいすると口臭や歯を白くを排除するのに役立ちます。リンゴ酢は非常に酸性であること、しかし、覚えておいてください。

主な成分はかなり厳しい酢酸、であるので、あなたは常に嚥下前に水で希釈する必要があります。純粋な、ストレートリンゴ酢は、あなたの歯のエナメル質たり、口や喉の組織を損傷する恐れがあります。 (彼女の喉で立ち往生リンゴ酢サプリメントカプセルを持った女性への長期食道損傷の報告事件は、実際には、があります。)
 
aフェイシャルトナー  
コットンボールに水で薄めたリンゴ酢を含ませて、吹き出物を予防やフェイシャルトナーやクレンザーに使用できます。それからあざを直すのにも役立つかもしれません。 デオドラント リンゴ酢は、臭いの原因となる細菌を殺すので、天然消臭のためにあなたの腕の下にビットを軽くたたくことができます。
口腔衛生 希釈したリンゴ酢でうがいすると口臭や歯を白くを排除するのに役立ちます。
リンゴ酢は非常に酸性であること、しかし、覚えておいてください。主な成分はかなり厳しい酢酸、であるので、あなたは常に嚥下前に水で希釈する必要があります。純粋な、ストレートリンゴ酢は、あなたの歯のエナメル質を溶かしたり、口や喉の組織を損傷する恐れがあります。
(実際に長期喉にリンゴ酢サプリメントカプセルが張り付いた女性が食道損傷を受けた報告があります。)
 
aデオドラント  
リンゴ酢は、臭いの原因となる細菌を殺すはたらきがありますから、水で薄めたリンゴ酢をコットンに含ませて脇に塗ることでせて天然消臭、デオドラントとして使用できます。
 
a口腔衛生  
水で薄めたリンゴ酢でうがいすると口臭を防いだり歯を白くするのに役立ちます。
但しもともとリンゴ酢の主成分は酢酸で酸性成分ですから、水で薄めて使用する必要があります。
純粋なリンゴ酢は、あなたの歯のエナメル質や口や喉の組織にダメージを与える恐れがあります。
(実際に長期喉にリンゴ酢サプリメントカプセルが張り付いた女性が食道損傷を受けた報告があります。)
 
a足のにおいの消臭  
リンゴ酢であなたの足を拭くと臭いの原因となる細菌を除去するために足のにおいを消すのに役立ちます。
 

 
★料理にリンゴ酢を使用する  
リンゴ酢はいろいろな料理に使用できます。 自家製マリネやソース、スープ、スムージーなどで試してみてください。
例えばリンゴ酢とオリーブオイル、ニンニク、マスタードと混ぜればサラダのドレッシングとして使用できます。 * 16

魚料理では味を引き立てます、魚肉のマリネ料理では肉を柔らかするはたらきをします。
調理した野菜やキュウリのサラダベースとして振りかけるとおいしいです。また漬物にも使用できます。

家庭で骨スープを作るときに酢は不可欠です。 骨スープを作るときに酢を加えると骨から溶け出した豊富なミネラルをとるのに役立ちます。製造過程で濾過されていないアミノ酸系物質酵母を含むリンゴ酢が最適です。

何らかの治療目的で酢をお使いの方は、味覚が好きでなければ、他の発酵食品をお使いになるのもいい手段です。

またリンゴ酢は、有益な腸内細菌を増やすのに有効です。
リンゴ酢は安全で使いやすいので味覚を楽しみながら食事療法に使用できます。
 

 
★濾過された蒸留酢より無濾過酵母入り酢の方が優れている  
一般的にお店の棚に並んでいる蒸留白酢は、クリーニングなどのランドリーに向いていますが、健康のために使用する
のなら濾過された透明な酢の代わりに濾過されていない濁りのあるの有機酵母入りの酢の方がお勧めです。 これまで述べたように、濁りのある酵母と呼ばれる蜘蛛の巣状の物質を含む高品質の酢です。

最後に医薬目的で多量のリンゴ酢の摂取を継続して行うことは避けてください。
体内のカリウム不足を引き起こしたり骨密度の低下を引き起こす可能性がありますので摂取量を守ってください。

理論的にリンゴ酢は利尿薬、下剤、および糖尿病や心臓病の薬と相互作用する可能性があります。医師の治療を受けている場合は、現在服用している処方薬と相互作用しないことを使用する前に医師に相談してください。
 

 
★その他の効能  
リンゴ酢は酢のような酢酸、乳酸を含体に優しい成分を含んでいますから野菜のぬか漬などに使用できます。
野菜のぬか漬、漬物などに使用できるリンゴ酢は腸内の微生物群の補充と腸内細菌の改善に役立ち以下に述べる効果があります。
ビタミンK2を摂取する場合にリンゴ酢はビタミンK2の吸収を補助し、ビタミンDと有効な相乗作用をするなど2つ利点を提供します。
 

 
   
   
参考資料  
*1. Bhattacharya SK, Bhattacharya A, Sairam K, Ghosal S. Anxiolytic-antidepressant activity of Withania somnifera glycowithanolides: an experimental study. Phytomedicine. 2000 Dec;7(6):463-9.

*2. Bhattacharya A, Ghosal S, Bhattacharya SK. Antioxidant effect of Withania somnifera glycowithanolides in chronic footshock stress-induced perturbations of oxidative free radical scavenging enzymes and lipid peroxidation in rat frontal cortex and striatum. J Ethnopharmacol. 2001 Jan;74(1):1-6.

*3. Jain S, Shukla SD, Sharma K, Bhatnagar M. Neuroprotective effects of Withania somnifera Dunn. in hippocampal sub-regions of female albino rat. Phytother Res. 2001 Sep;15(6):544-8.

*4. Unpublished study, 2005. NutrGenesis, LLC.

*5. Kuboyama T, Tohda C, Komatsu K. Neuritic regeneration and synaptic reconstruction induced by withanolide A. Br J Pharmacol. 2005 Apr;144(7):961-71.

*6. Tohda C, Kuboyama T, Komatsu K. Dendrite extension by methanol extract of Ashwagandha (roots of Withania somnifera) in SK-N-SH cells. Neuroreport. 2000 Jun 26;11(9):1981-5.

*7. Tohda C, Kuboyama T, Komatsu K. Search for natural products related to regeneration of the neuronal network. Neurosignals. 2005;14(1-2):34-45.

*8. Ahmad M, Saleem S, Ahmad AS, et al. Neuroprotective effects of Withania somnifera on 6-hydroxydopamine induced Parkinsonism in rats. Hum Exp Toxicol. 2005 Mar;24(3):137-47.

*9. Choudhary MI, Yousuf S, Nawaz SA, Ahmed S, Atta uR. Cholinesterase inhibiting withanolides from Withania somnifera. Chem Pharm Bull (Tokyo). 2004 Nov;52(11):1358-61.

*10. Govindarajan R, Vijayakumar M, Pushpangadan P. Antioxidant approach to disease management and the role of ‘Rasayana’herbs of Ayurveda. J Ethnopharmacol. 2005 Jun 3;99(2):165-78.

*11. Anon. Monograph. Withania somnifera. Altern Med Rev. 2004 Jun;9(2):211-4.

*12. Owais M, Sharad KS, Shehbaz A, Saleemuddin M. Antibacterial efficacy of Withania somnifera (ashwagandha) an indigenous medicinal plant against experimental murine salmonellosis. Phytomedicine. 2005 Mar;12(3):229-35.

*13. Davis L, Kuttan G. Immunomodulatory activity of Withania somnifera. J Ethnopharmacol. 2000 Jul;71(1-2):193-200.

*14. Jayaprakasam B, Zhang Y, Seeram NP, Nair MG. Growth inhibition of human tumor cell lines by withanolides from Withania somnifera leaves. Life Sci. 2003 Nov 21;74(1):125-32.

*15. Mathur R, Gupta SK, Singh N, et al. Evaluation of the effect of Withania somnifera root extracts on cell cycle and angiogenesis. J Ethnopharmacol. 2006 Jan 9.

*16. Padmavathi B, Rath PC, Rao AR, Singh RP. Roots of Withania somnifera inhibit forestomach and skin carcinogenesis in mice. Evid Based Complement Alternat Med. 2005 Mar;2(1):99-105.














 
 
 
 
 
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx