**  加水分解コラーゲン・筋肉・関節・腰痛改善  **


aa
aa  

コラーゲン+ヒアルロン酸+C 206g
(税込)

コラーゲン+C、1 , 3型 6,000mg 120錠
(税込)

 
                   
- 1 -
肌、爪、髪、筋肉、関節、骨
高吸収・アミノ酸集合体ペプチド
タンパク質サプリメント

タンパク質サプリ・プロテインと言えばボディービルダーがトレーニング後に筋肉をつけるために飲むイメージが強いですが、決してそれだけでのものではありません。
2017年に登場し従来のプロテインに比べ吸収されやすい加水分解コラーゲン、加水分解コラーゲンプロテインなどと呼ばれ
るコラーゲンペプチドは
 ①美肌・潤い、ハリ、柔軟性
 痛んだ爪の改善
 健康な髪
 
筋肉量アップと減量
 ⑤骨粗鬆の予防
 ⑥
関節痛の改善
 ⑦脳梗塞、心筋梗塞の予防
に役に立つタンパク質サプリメントとして人気があります。
- 2 -
★コラーゲン

コラーゲンの名は、美容やトリートメントの人気成分としてご存知でしょう。
肌に潤い、小じわを抑え、ストレッチマークを目立たなくしたり、髪を成長させると長年評価されてきました。
食事が冷めた時の煮こごりがコラーゲンです。
主に肉や内臓などの動物性タンパク質に多く、鶏の手羽先や軟骨、牛すじ、モツやレバー、フカヒレなどに含まれ、これらを食べれば、腸で消化されて血中に入り真皮に届きますからそれなりに効果はあります。

と言ってもお肌に直接ペプチドでないコラーゲンクリームを塗っても効果が望めません? どうして? 通常コラーゲンは、大きすぎて皮膚の細胞に浸透できません。
ペプチドでないコラーゲンとエラスチンクリームの効果は疑問なのです。
- 3 -
★コラーゲンペプチドとは

コラーゲンは真皮、靱帯、腱、骨、軟骨、胃腸内層、眼、骨髄、血管、動脈壁などの細胞を包む細胞外基質(細胞外マトリックス)の主成分であるるタンパク質です。全身のタンパク質の約30%がコラーゲンです。

コラーゲンペプチドは、複数のアミノ酸の集合体です。
経口摂取時、ペプチドでないコラーゲンの吸収率は27%程度、コラーゲンペプチドは90%程度となり腸で素早く消化され血中に入ります。

複数のアミノ酸が集合してペプチド、複数のペプチド集合してコラーゲン、全集合体がタンパク質となります。
吸収率はアミノ酸がトップで
ペプチド、コラーゲン、タンパク質の順になります。
- 4 -
★筋肉量の改善と減量の効果

筋肉の組織は1〜10%がコラーゲン成分で、筋肉量と筋力維持に重要なタンパク質です。通常年齢とともにコラーゲン生成が減少し筋肉量は低下していきます。

①筋肉量増加・二重盲検偽薬試験

12週間筋肉が虚弱な27人の男性が1日15gのコラーゲンペプチドを摂取しながら運動プログラムに参加した試験が行われています。

運動プログラムに参加したがコラーゲンペプチドを摂取しなかった男性と比較して、コラーゲンペプチドを摂取した男性は、筋肉量と筋力が大幅に増加しました。
これは、摂取したコラーゲンペプチドがクレアチンなどの筋肉タンパク質の合成を促し、運動プログラムにより筋肉量が成長した可能性が示唆されました。*1
- 5 -


筋肉量増加・非盲検試験

2015年に12週間加齢で筋肉量が落ちた53人の高齢男性被験者にコラーゲンプロテインパウダーを経口投与した非盲検試験が行われています。

結果は、脂肪減少と筋肉量増加が同時に起きたことが確認されました。

コラーゲンペプチドは、食欲抑制、筋肉量の増加・維持の働きがありますから、脂肪代謝を高め減量につながります。

また コラーゲンペプチドは、肝臓での代謝を高めますから、血中コレステロール値を低下させる働きもあります。
- 6 -
★骨粗鬆症予防・二重盲検偽薬試験

コラーゲンペプチドを経口摂取すると他の組織より軟骨には優先的に蓄積され、骨の分解を促進するタンパク質の血中濃度を下げて骨粗鬆症につながる骨の分解を抑制する効果があることが確認されています。

実際に骨密度に対する効果を検証する12ケ月間66人の女性が参加し、1日5,000mgのコラーゲンペプチドと偽薬を摂取した二重盲検偽薬試験が行われています。

結果はコラーゲングループの女性が、偽薬グループの女性に比べて、骨塩密度が7%増加しました。*2
- 7 -
★関節痛を和らげる効果

これまでに発表されている非盲検と二重盲検偽薬試験の数は少ないですが、経口投与されたコラーゲンペプチドは腸で吸収され、軟骨に蓄積して、軟骨細胞を包む細胞外基質(細胞外マトリックス)の生成を促進する可能性があります。

①関節痛緩和・二重盲検偽薬試験

健康な147人のアスリート(男性72人、女性75人)が参加した24週間1日10gのコラーゲンペプチドと偽薬の経口投与をする二重盲検偽薬試験が行われています。

24週間後に医師が関節痛、関節の可動性、炎症などの診断をして、研究者が安静時、直立時、重量物を持ち上げた時、歩行時、走行時、運動時の関節痛について評価しました。
- 8 -


結果は、コラーゲンペプチドの摂取により関節痛が軽減される+効果がありました。*3

関節痛緩和・二重盲検偽薬試験

また3カ月以上関節痛が続いている被験者に70日間1日2gの鶏胸骨軟骨由来のコラーゲンペプチドと偽薬を投与する二重盲検偽薬試験が行われています。

結果、コラーゲングループでは、35日目頃から関節痛が軽減し、70日目には大幅に関節痛が軽減されました。*4

関節痛に対するコラーゲンペプチドの効果についてはさらに研究が必要ですが、コラーゲンペプチドが関節炎や関節リウマチなど、関節と膝の痛みの軽減に役立つ可能性を示唆しています。
- 9 -
★腰痛改善効果・二重盲検偽薬試験

6ケ月間腰痛のある50歳以上の200人の被験者に1日あたり1,200mgのコラーゲンと偽薬を投与する二重盲検試験が行われています。
6ケ月終了時点までに、コラーゲングループの20%以上の被験者に、大幅な腰痛の改善が見られました。*5
- 10 -
★コラーゲンは腸を健康にする

過敏性腸症候群と漏出性腸症候群は、消化管と胃の内層の炎症が起こる症状です。漏出性腸症候群の場合は、摂取物は、消化されずそのまま血流に「漏れ」ます。

ストレス、食事不足、薬、アルコール、座ったままの生活様式が、これらの障害の一因となる場合があります。
腹部膨満、疲労、胃のむかつき、下痢、便秘、栄養失調などが起こります。

骨スープ、ヒレスープなどコラーゲンは、漏れやすい腸の症状緩和に良い方法です。

過敏性腸症候群の患者はIVコラーゲン が不足しているという研究報告があります。
- 11 -
★コラーゲンの語源

語源は、ギリシャ語の接着剤の意味「コラ」に由来し、プロリン(25%)とグリシン(20%)など18種類のアミノ酸を含みます。
食事で摂ったタンパク質は腸で消化、分解されアミノ酸に、アミノ酸が集合してペプチド、ペプチドが集合してコラーゲンとなる生成が行われています。
加齢や過度な減量などでコラーゲン体内生成が低下すると、肌のくすみ、抜け毛、爪の傷み、関節痛、筋力低下、下痢などの原因になります。

★コラーゲンの種類

体内のコラーゲンの約80〜90%がⅠ,Ⅱ,Ⅲ型コラーゲンです。
コラーゲンは、分子構造の違い、存在する場所などで現在16種類に分類されています。
組織の弾力性保持が共通する働きです。
- 12 -
★Ⅰ型コラーゲン

体内に最も多く、骨、皮膚、臓器、靭帯、胃腸壁の構成成分です。
肌の弾力性を維持して、しわの発生を抑えます。変形性関節症の症状改善にも貢献します。

★Ⅱ型コラーゲン

軟骨の主成分。また眼の水晶体液の成分で網膜に栄養を届けます。不足すると関節痛、白内障のリスクが高くなります。

Ⅲ型コラーゲン

骨髄、血管、動脈壁に存在します。Ⅲ型ペプチドは心血管の健康を支援します。 肌、髪、爪の健康に役立ちます。最新の美容用コラーゲンペプチドサプリメントには、Ⅰ型とⅢ型のペプチドがブレンドされています。
- 13 -
Ⅳ型コラーゲン

アルツハイマー患者と正常な人の脳組織の比較検査でアルツハイマー患者のニューロンにはⅣ型コラーゲンが増加しているという発見がありまた。このⅣ型コラーゲンがアルツハイマーの発症原因の1つとされているアミロイドベータタンパク質の凝集を防ぐ働きが解ってきました。

また眼の水晶体、皮膚の基底膜にもⅣ型コラーゲンが存在し損傷を受けた組織の再生を支援します。

★Ⅴ型コラーゲン
Ⅰ型、Ⅲ型コラーゲンの産生に重要な成分です。基礎研究で多くの臓器の健全な発達に寄与することか示唆されています。


  
- 14 -
★他の型のコラーゲン

人体には微量が存在しています。

Ⅵ型コラーゲン

腫瘍細胞による細胞死、酸化損傷による細胞死を防ぎます。癌診断のマーカーでもあります。

Ⅹ型コラーゲン

骨組織を形成、軟骨損傷治癒に有効とされています。負傷後の治療に重要です。
   
- 15 -
★参考資料

*1.Br L Nutr 2015 Oct 28;114(8);1237-1245 Collagen peptide supplementation in combination with resistance training improves body composition and increases muscle strength in elderly sarcopenic men: a randomised controlled trial    Denise Zdzieblik, Steffen Oesser,Daniel König

*2.Nutrients 2018 Jan;10(1):97 Specific Collagen Peptides Improve Bone Mineral Density and Bone Markers in Postmenopausal Women—A Randomized Controlled Study Daniel König, Steffen Oesser, [...], and Albert Gollhofer

*3.Curr Med Res Opin. 2008 May;24(5):1485-96. doi: 10.1185/030079908X291967 . Epub 2008 Apr 15.    24-Week study on the use of collagen hydrolysate as a dietary supplement in athletes with activity-related joint pain.    Clark KL1, Sebastianelli W, Flechsenhar KR, Aukermann DF, Meza F, Millard RL, Deitch JR, Sherbondy PS, Albert A.
- 16 -



*4.Complement Ther Med. 2012 Jun;20(3):124-30. doi: 10.1016/j.ctim.2011.12.007. Epub 2012 Jan 20. Effect of collagen hydrolysate in articular pain: a 6-month randomized, double-blind, placebo controlled study. Bruyère O1, Zegels B, Leonori L, Rabenda V, Janssen A, Bourges C, Reginster JY.

*5.Semin Arthritis Rheum. 2000 Oct;30(2):87-99. Role of collagen hydrolysate in bone and joint disease. Moskowitz RW1.

髪爪肌の健康・関連製品